どさんこワイド179

おうち時間の食卓を充実!お得な工場直売グルメ

2021年5月14日(金)

おうち時間の食卓を充実!お得な工場直売グルメ

おうち焼き肉を満喫できるお肉の直売所にスイーツの切れ端の詰合せ、売り切れ御免のハネもの等、おうち時間を充実させるお得な工場直売グルメをご紹介しました。

北海道樽前工房 札幌店

【住所】札幌市中央区南17条西17丁目1-10
【電話番号】011-521-7020
【営業時間】平日11:00〜18:00、土・日・祝日10:00〜18:00
  • 特集
店内の大半を占める冷凍庫の中には、たくさんのお肉と加工品がずらりと並んでいます。種類は全部で70種類、豊富な種類に加えお値段も魅力のひとつで、店内の商品のほとんどが540円か1080円のツープライスです。中間業者を通さずに直接自社で販売しているのでお安くなっています。
  • 特集
  • 特集
    ●豚肉ジンギスカン 400g 540円、800g 1080円
去年12月のオープン以来、何度も通っては品定めを楽しむお客さんも多いといいます。70種類ある中でもオススメは「豚肉ジンギスカン」です。厚切りなのにスッと噛み切れるほどの柔らかさ、特製のタレに一晩漬けこんで熟成させているので味もしっかり染みこんでいます。

ファンも多い「豚ホルモン」をご紹介しました。厚みのあるホルモンで、味は塩・味噌・辛味噌の3種類。噛めば噛むほど肉のうま味や脂の美味しさが口の中に広がっていきます。
  • 特集
    ●豚ホルモン(塩・味噌・辛味噌) 各400g 540円
  • 特集
    ●豚足 3個入 540円
  • 特集
    ●馬刺 100gあたり 740円
スーパーではなかなか手に入らない珍しいお肉もあります。まずは「豚足」です。すでに焼いてあるので電子レンジで温めるだけで食べられます。
「馬刺」もありました。ニンニク醤油、ショウガ醤油でお召し上がりください。

ご飯やお弁当のおかずにぴったりな加工品もあります。一番人気は道産牛を使った「ビーフハンバーグ」です。1個あたり135円で、下味もついているので調理の手間もかかりません。
  • 特集
    ●ビーフハンバーグ 140g×4 540円
  • 特集
    ●鶏モモ醤油ザンギ 800g 540円
加工品の人気第2位は、お肉屋さんの味付けが施された「鶏モモ醤油ザンギ」です。お店が所有するキッチンカーでは、商業施設で出張販売することもあるということですが、大人気だそうです。揚げる手間はかかりますがとってもお買い得です。

豆太

【住所】札幌市手稲区富丘2条5丁目9-30
【電話番号】011-691-8318
【営業時間】10:00〜16:00
【定休日】日曜日・月曜日
  • 特集
  • 特集
    ●豆太とうふ(木綿・絹・寄せ) 各300g 194円
自慢は「豆田とうふ」、主に十勝を中心とした北海道産の大豆と、伊豆大島産の天然にがり、手稲山の伏流水だけで作っているお豆腐です。このお豆腐を使って作る「小揚」のハネ品が人気で、工場の隣に併設されている直売所では30分で完売することもあるそうです。購入はひと家族につきひと袋までです。

油揚げは、お店自慢のおいしいお豆腐と同じ材料で作った「タネ」を使っています。1回の作業で1000枚前後の油揚げを作りますが、そのうちの10%から20%がハネ品になるそうです。少し色ムラなどはありますが、包丁で切ったときの押し戻すような弾力や厚み、そして味も正規品とは変わりありません。
  • 特集
    ●小揚ハネ(12枚入) 216円
  • 特集

夢工房

【自動販売機の設置場所】
・札幌市白石区本通3丁目北5-1 夢工房横
・札幌市白石区南郷通3丁目南8-25 下村速配横 ※「ケーキの切れ端」は販売していません
  • 特集
日本で初めてとなる「冷凍ケーキの自動販売機」が設置されました。場所は白石区にある夢工房、こちらはホテルのビュッフェや飛行機の機内食で提供するスイーツをはじめ、カフェチェーンやケーキショップなどの業務委託を受け製造しているスイーツの卸会社です。

ここで買えるお得な工場直売品は「ケーキの切れ端」です。その数はなんと約50種類、自動販売機には商品がランダムに補充されるので、何が出てくるかは買ってみないとわかりません。
  • 特集
    ●ケーキの切れ端 500円
  • 特集
去年4月からは券売機での販売を行っていましたが、さらに非接触型を突き詰めた結果、自動販売機での販売をスタートさせました。24時間いつでも買えて、人との接触もないコロナ禍にぴったりの工場直売スタイルです。