ハイ!STVです

2020年4月12日(日)

2020年4月12日(日)
永井AN 画像

おはようございます。

新年度が始まり、心機一転、新たな場所で新たなスタートを切った方もいらっしゃると思います。いかがお過ごしでしょうか?

「ハイ!STVです」

今月もどうぞ、最後までおつき合い下さい。
 

皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳 画像
はじめに、皆様からのお問い合わせなどについてお伝えいたします。

先月、3月の1か月間に
視聴者の皆様にいただいたご意見やお問い合わせの総数は1067件でした。

内訳は
お問い合わせが       369
ご意見、ご要望が    561
苦情が           
その他が        133件  となっています。

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「ニュース全般」           320件 
「どさんこワイド 179」      236

このうち、「新型コロナウィル関連報道」についてが
合わせて、344件 となっています。
  
いただいたお問い合わせ、ご意見、ご要望の中から一部をご紹介します。

どさんこワイド朝 藤井アナウンサー画像
<50代 女性>
毎年4月には番組が変わりますよね。
キャスターや出演者に変更はありますか?

STVでは、春と秋の2回、番組の改編を行っています。

「どさんこワイド朝」では、この春から
番組を卒業した 小出 朗(こいで あきら)アナウンサーに代わって
藤井 孝太郎(ふじい こうたろう)アナウンサーがメインキャスターを務めています。
入社以来、スポーツ実況やラジオ番組を担当してきた
37歳のベテランが新たに加わり、朝に必要な情報をより深くお伝えします。

火曜パーソナリティー 佐々木淑子さん画像
また、火曜パーソナリティーには、北海道内で高校の校長を歴任し、この春から北海道文教大明清高校の校長に就任した 佐々木 淑子(ささき よしこ)さんが登場!

長年にわたって高校生を見つめてきた教育者の視点に、働く女性としての目線、さらに子育てをしてきた母親としての新たな観点からコメントをしていきます。


どさんこワイド にちようび 画像
そして、日曜日のお昼からは、新番組「どさんこワイド にちようび」がスタートしました。

平日に仕事や学校などで「どさんこワイド179」をご覧になれない皆さんのために
好評だった企画や注目のコーナーをギュッとまとめて一挙に放送いたします。

この春からも引き続き、朝と夕方、
そして日曜日の「どさんこワイド」をどうぞよろしくお願いします。

お問い合わせ

STVでは、テレビをご覧の皆さまからの
番組内容に関するお問い合わせはもちろん、
ご意見、ご要望をお待ちしております。
STV視聴者センターまでご連絡ください。
※ 電話による受付時間が変更となっています。何卒ご了承ください。

電話 011-272-8285

祝日を除く、月曜から金曜日の
午前10時30分 から 午後6時 まで 承っております。
(なお、4月30日と5月1日、7日、8日は お休みとさせていただきます)

お手紙は 郵便番号060-8705
STV視聴者センターでお待ちしています。

番組審議会のご報告

番組審議会 画像
番組審議会のご報告です。

2019年度 第10回 番組審議会が、3月31日(火)に開かれ、STVが制作を担当し、3月1日(日)の深夜に全国放送された「NNN‘ドキュメント20 シリーズニッポンと日本人 ヌカラヤン ヌヤン 〜 知ってください アイヌのこと〜」 をテーマに審議が行われました。

新型コロナウィルス感染予防対策 画像
なお、番組審議会の開催にあたっては
新型コロナウィルスの感染を防ぐため、
ご覧の通りの対策を講じています。

・委員の席の間隔を通常の倍に広げる。
・STV側の出席者は全員マスク着用、
 委員の希望者にマスクを配布する。
・入口に消毒液を備える


番組審議会 西嶌委員
はじめに 西嶌委員 の意見を紹介します。

とにかく映像がキレイでした。
特に二風谷の四季折々の風景の美しさというのが、もの凄く印象的で目を惹かれました。
ただ、その風景の美しさが番組全体としてはストーリーの中で生かされていなくて、そこが惜しい感じがしたというのが大きな印象でありました。

そのほか委員からは
  • 樹木の皮で作る織物、神に感謝する儀式、食べ物など、様々な伝統からアイヌ文化の素晴らしさを伝える番組だった。
  • アイヌ語、アイヌ文化と関根 摩耶さんの活動が縦糸で、四季折々の行事が横糸になる構成だったが、詰め込み過ぎで散漫になった。
  • 関根 摩耶さんや家族の日常から、アイヌ文化を伝えようとしたよい番組だった。
  • 関根さんが「アイヌ民族にポジティブなイメージを持つ人が増えれば良い」と話していたが、押しつけがましくなくて素晴らしかった。
・・・などの意見をいただきました。

次回の2020年度 第回 番組審議会は 4月21日(火)に予定されています。


番組モニター報告

3月1日(日)放送「NNN‘ドキュメント20 シリーズニッポンと日本人 ヌカラヤン ヌヤン 〜知ってください アイヌのこと〜」

「NNNドキュメント’20」画像
続いて、番組審議会の議題にもなった「NNN‘ドキュメント20 シリーズニッポンと日本人 ヌカラヤン ヌヤン 〜知ってください アイヌのこと〜」の番組モニター報告です。

<40代 女性>
「全てのものに魂があり、敬う」というアイヌ民族の精神が伝わってくる作りとなっていたのがよかったです。アイヌの人達の自然に感謝する姿勢がステキだと思いました。

<30代 男性>
関根さんの行動そのものに心を打たれました。
若いのにアイヌ民族に誇りを持ち、アイヌの人達について前向きに知ってもらおうと全国に発信していることには本当に感銘を受けます。

<50代 女性>
山でオヒョウニレの木を伐採して皮を剥いでいるシーンは心に残りました。
着物や敷物などでオヒョウニレが使われていることは知識として知っていましたが、実際に皮が簡単に剥がれて、それを糸で紡いで織るというのがリアリティをもって理解できました。

<60代 男性>
宇梶 剛士(うかじ たかし)さんの重厚な語り口は、心に深く響く素晴らしいナレーションでした。

<10代 女性>
アイヌ民族について、とても勉強になりました。
番組で様々なアイヌ語をテロップも入れて紹介していましたが、視聴者にアイヌ語を少しでも知ってほしいという意思が感じられてよかったです。

3月14日(土)放送 「北国トラベラーズ“北海道編” 十勝・ふゆぞら〜馬ときどき牛〜」

「北国トラベラーズ”北海道編”」画像
次に、3月14日(土) に放送した「北国トラベラーズ“北海道編” 十勝・ふゆぞら〜馬ときどき牛〜」の番組モニター報告です。

<50代 男性>
冒頭の福地さんの縁(ゆかり)が判る紹介が簡潔ながら親しみを持てるものになっていて、導入部としてとてもよくできていました。
また、ノースポールで馬車が走り出した時の馬の前後の映像が見事で迫力がありました。

<40代 女性>
馬の手綱を引いて「心が繋がっている感じがする」という表現をした福地さんに芯のしっかりしたキャラクターを感じて、印象に残りました。

<40代 男性>
単なるロケ地巡りの旅番組ではなく、一歩踏み込んで、視聴者に実際に体験したいと思わせる内容がよかったです。

<30代 女性>
牧場では馬や牛たちがのびのびと過ごしている印象でした。人に慣れていて、とても優しい目をしていて、牧場の方たちが愛情を込めて育てていることがわかりました。


12年連続 年度視聴率3冠達成

2019年度3冠達成(12年連続)御礼
さて、STVは2019年度の視聴率で「全日」「ゴールデン」「プライム」の全ての時間帯において、道内トップの視聴率をおさめ、12年連続で3冠を達成することができました。

これも、日頃からSTVの番組を応援して下さる北海道の皆様のおかげであると深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。


エンディング

「STV外観」画像
「ハイ!STVです」

次回の放送は
5月17日(日)の予定です。
5月は第3日曜日の放送となりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

それではまた
来月お目にかかりましょう。