ハイ!STVです

2020年5月17日(日)

2020年5月17日(日)
永井AN 画像

おはようございます。

風薫る5月・・・
大変な中ではありますが
新緑を目にしていると、
ひととき、気持ちが安らいできますね。

「ハイ!STVです」

今月もどうぞ、最後までおつき合い下さい。
 

皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳 画像
はじめに、皆様からのお問い合わせなどについてお伝えいたします。

先月、4月の1か月間に
視聴者の皆様にいただいたご意見やお問い合わせの総数は1604件でした。

内訳は
お問い合わせが       529
ご意見、ご要望が    845
苦情が           
その他が        227件  となっています。

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「どさんこワイド 179」   480
「ニュース全般」        332件 
「どさんこワイド 朝」     113

このうち、「新型コロナウィル関連報道」についてが
合わせて、209件 となっています。
  
いただいたお問い合わせ、ご意見、ご要望の中から一部をご紹介します。

どさんこワイド179 岡崎AN&佐々木AN  画像
<80代女性>
[4月24日の放送について]

夕方のどさんこワイドを見ていますが
福永さんと村雨さんはどうしたのですか?
きのうもきょうも出演していませんよね。


「どさんこワイド179」の出演者について、お問い合わせをいただきました。


STVでは、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため
人との接触をできる限り減らすことに取り組んでいます。


どさんこワイド179 福永AN&村雨AN 画像
そのため、
「どさんこワイド179」のキャスターは
4月下旬から原則として
月曜日から水曜日を 
福永アナウンサーと村雨アナウンサー
木曜日と金曜日を
岡崎アナウンサー佐々木アナウンサーが担当しています。

どさんこワイド朝 大家AN&工藤AN 画像
また、「どさんこワイド朝」でも
出演者の数を減らして
アナウンサーの曜日を分担することや
放送時間を短縮してお届けすることで
新型コロナウィルスの
感染拡大防止に努めています。

皆様に必要な情報や役に立つ情報は
変わらずにしっかりとお伝えしていきますので
どうぞ、よろしくお願いいたします。


お問い合わせ

視聴者センター受付電話番号 画像
STVでは、テレビをご覧の皆さまからの
番組内容に関するお問い合わせはもちろん
ご意見、ご要望をお待ちしております。
STV視聴者センターまでご連絡下さい。

電話 011-272-8285

祝日を除く、月曜から金曜日の
午前10時30分から 午後6時まで 承っております。

なお、新型コロナウィルス感染拡大を防止するため
現在、電話による受付時間を短縮しています。
今後も変更となる場合がありますので、詳しくはSTVのホームページでご確認下さい。

お手紙は 郵便番号060-8705
STV視聴者センターでお待ちしています。

番組審議会のご報告

番組審議会 画像
番組審議会のご報告です。

2020年度 第回番組審議会が4月21日(火)、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、レポート提出形式で行われ、4月5日(日)の深夜に全国放送された「NNNドキュメント’20 私の声はバイオリン」 について意見をいただきました。

番組審議委員の意見(抜粋)画像
番組は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患いながらも演奏活動を続ける札幌交響楽団の元コンサートマスター大平まゆみさんを追ったSTV制作のドキュメンタリーです。


委員からは
  • 大平まゆみさんが続けた難病の少女への支援と、自分が難病と闘う姿がオーバーラップされる構成で感動した。
  • 取材を積み重ねることで、また余計な手を加えないことで、素材の「力」を引き出した。
  • 大平さんを通じて「人間とは何か」を問いかけている番組だと思った。
  • 大平まゆみさんのインタビュー映像がいつのものなのか、少しわかりにくい箇所があった。
  • 大平まゆみさんが最後に「人間力になればいい」と言ったが、大平さんにとっての人間力とは何なのかを知りたかった。
  • 引き続き、取材を続けていただけることを期待している。
・・・ などの意見や要望を寄せていただきました。

番組審議会 伊藤委員・上野委員・中山委員
なお、
番組審議委員には、今回から新たに
伊藤亜由美 (いとう あゆみ)    委員
上野 昌裕 (うえの まさひろ) 委員
中山 綾子 (なかやま あやこ) 委員 が
加わりました。






番組審議会 齋藤委員長
また、互選によって

齋藤 一朗 (さいとう いちろう)委員が
委員長に
石水  創 (いしみず はじめ) 委員が
副委員長に就任しました。


番組審議会 石水副委員長

放送法に基づく「2019年度下期の番組種別」については、STV側から報告し、全委員に承認いただきました。

STVでは
詳細をホームページで公表いたします。

次回の2020年度 第回 番組審議会は 5月26日(火)に予定されています。

番組モニター報告

4月21日(火)放送「どさんこワイド朝+ZIP!」

「どさんこワイド朝+ZIP!」画像
次に、4月21日(火) に放送した「どさんこワイド朝+ZIP!」 の番組モニター報告です。

<60代 男性>
藤井アナウンサーは落ち着いた低めの声で安心と安定感を持ちました。新型コロナ関連ニュースのまとめで道民に向けて発したメッセージは、力強く勇気をもらえた人もいたのではないでしょうか。

<50代 女性>
必要な情報がとてもわかりやすく、番組放送中に何度も流されるので、朝の準備に忙しくて見逃してしまっても、改めて見ることができるので助かります。画面の所々にどさんこくんの絵が出ていて、朝の慌ただしい時間でも、何となく和やかな気持ちになることができます。

<20代 男性>
パーソナリティーの佐々木淑子(ささき よしこ)さんは
学校管理者の視点から要所要所で適切な解説があり、わかりやすかったです。
視聴者目線のコメントが多く、頷ける点が多かったです。

<50代 女性>
ガラケーなのでいつも「ナニ派?リサーチ」のコーナーではさみしい思いをしています。
高齢の両親も「参加できないからつまらない」と話しています。
それよりも、ひとつでも道民に寄り添ったニュースを伝えた方が良いのではないでしょうか?

<30代 男性>
黄色を基調とした明るいスタジオであるため、暗いニュースが多いなか、スタジオ内の映像が映ると元気になれます。また字幕スーパーも見やすくわかりやすいと感じます。


4月5日(日)深夜放送 「NNNドキュメント’20 私の声はバイオリン」

「NNNドキュメント’20 私の声はバイオリン」画像
続いて、番組審議会の議題にもなった「NNNドキュメント‘20 私の声はバイオリン」の 番組モニター報告です。

<10代 女性>
まゆみさんの「人間力」というキーワードを用いて番組を締め括っていたナレーションは、番組の締めとして重要だったと思います。音楽が持つ力やまゆみさんのたいへんな病気など、番組の内容全てが最終的に一言にまとめられていました。

<40代 男性>
大平さんが発した「このままでいい」という言葉を聞いた時に涙が出ました。
自分が病気になってしまったことへの諦めではなく、患いには何か意味があるという思いやこの病気と向き合い、受け入れる強い決意にも感じ取れたからです。

<20代 女性>
大平さんが病気を発症した後、取材をしてきた水谷さんと筆談するシーンでは、ナレーションを入れずに2人のやり取りをそのまま流すことで、大平さんの悲しさがより伝わってきて、とても印象的でした。

<10代 男性>
元々何の番組で大平まゆみさんに密着していたのかを知りたかったです。
元気な頃から密着していたのを知らなかったので、理解するまで前半の映像の時系列に少し混乱しました。

<30代 女性>
バイオリンを弾くことをやめようと思ったが、演奏を続ける決意をするまでの葛藤が表現されていませんでした。そこが知りたかったのに消化不良に終わってしまいました。


エンディング

「STV外観」画像
「ハイ!STVです」

次回の放送は
6月14日(日)の予定です。

それではまた
来月お目にかかりましょう。