ハイ!STVです

2020年8月9日(日)

2020年8月9日(日)
永井AN
おはようございます。

今朝は「どさんこワイド朝」や
「どさんこワイド179」の
ニュースをお伝えしている
STVのD-tera・s前に来ています。


「ハイ!STVです」
今月は「夏休みスペシャル」として
天気情報の裏側について特集いたします

どうぞ、最後までおつき合いください。

皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳画像
はじめに皆様からのお問い合わせについてお伝えいたします。

先月、7月の1か月間に視聴者の皆様にいただいたご意見、お問い合わせの総数は
1023件でした。

内訳は
お問い合わせが       392
ご意見、ご要望が    438
苦情が           
その他が        189件  となっています。

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「どさんこワイド 179」    235
「ニュース全般」       132件 となっています。

どさんこくんのぬいぐるみについて

永井ANと「どさんこくんぬいぐるみ」
<60代 女性>
どさんこくんの
ぬいぐるみを購入したいのですが
どちらで販売していますか?

STVのキャラクターとして
現在活躍中の「どさんこくん」は
おかげさまで、小さなお子さんをはじめ、多くの皆様に親しんでいただいています。
ありがとうございます。



どさんこくん ぬいぐるみ 取扱店舗
 今回お問い合わせいただいた
「どさんこくん」のぬいぐるみは

・三省堂書店札幌店
・札幌弘栄堂書店パセオ西店 など 

ご覧の書店のほか

平日のみの対応となりますが
STVの本社受付でもお求めいただけます。

どさんこくんショップHP
 また、インターネットの
「どさんこくんショップ」でも
販売していますので
どうぞ、こちらもご利用下さい。    
https://www.stvmall.jp/product/67

お問い合わせ

視聴者センター受付時間
STVでは、テレビをご覧の皆さまからの
番組内容に関するお問い合わせはもちろん
ご意見、ご要望をお待ちしております。
STV視聴者センターまでご連絡下さい。

電話 011-272-8285

祝日を除く、月曜から金曜日の
午前10時 から 午後6時まで 承っております。

お手紙は 郵便番号060-8705 

STV 視聴者センターでお待ちしています。

番組審議会のご報告

番組審議会 画像
番組審議会のご報告です。
2020年度 第4回 番組審議会が
7月21日(火)に開かれ、 7月4日(土)に放送した「DRAMATIC BASEBALL 2020 GO!GO!ファイターズ 北海道日本ハムファイターズ × 福岡ソフトバンクホークス」について審議が行われました。

GO!GO!ファイターズ F×H
この日は札幌ドームでの無観客試合で
新型コロナウイルスの影響を受けた中継となりました。
新型コロナウイルス感染拡大防止策
なお、番組審議会の開催にあたっては
新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため
今回もご覧の通りの対策を講じています。
 
・委員の席の間隔を通常の倍に広げる。
・出席者は全員マスクを着用。
・入口に消毒液を備える
・マイクは発言後、都度必ず消毒する。

まさき委員 画像
最初に、まさき委員の意見を紹介します。

まず、一番思ったのが、観客の声援というものが、こんなに大きな存在なのかという事です。チームにとって力になるだけではなく、プロ野球っていう劇場を作る上で欠かせないものなのだなというのを感じました。観客の声援がないと、こんなに淡々と試合って進むんだ。私が目にしていた プロ野球とまるで違うなというふうに感じました。

このほか、委員からは
  • ベンチのかけ声や打球音など、臨場感ある雰囲気で、新型コロナウイルスをきっかけにして別の楽しみ方もあるのだと感じた。
  • 観客にあおられない実況と、経験に裏打ちされた淡々とした解説により、むしろ野球そのものに集中できた。
  • いつもはファンの声援などでワクワク感が共有できたが、今回は少し寂しく盛り上がりにくかった。
  • ファンの声を募って画面に表示していたが、活用の仕方が足りなかった。
  • 「投手のマウンドを蹴る音で調子が分かる」といったベンチリポートと解説の掛け合いは、無観客試合を逆手に取った情報でよかった。
  • ファンの声援などすべての要素が揃って、「プロ野球」というエンターテインメントが成り立つのだと改めて感じた。

・・・などの意見や要望をいただきました。
 

次回の2020年度 第5回 番組審議会は9月15日(火)に予定されています。

夏休みスペシャル(特集)

永井AN(特集前フリ)
私たちの生活に欠かせない
大切な情報のひとつがお天気情報です。

みなさんも普段から天気予報を
ご覧になっているかと思いますが、
お天気をどのように調べて、
発信しているかご存知でしょうか?

年に一度の夏休みスペシャル。
今年は 「天気予報ができるまでの裏側」をご紹介します。

青山気象予報士に密着「天気予報ができるまで」

どさんこワイド朝
平日の朝5時から、道民目線の
様々な情報をお届けしている
「どさんこワイド朝」

お天気コーナーは
番組の重要な役割を担っています。
青山さん(1)
天気情報を伝えてくれるのが
気象予報士の
青山 竜(あおやま りゅう)さん 27歳。
神奈川県出身です。
去年4月、番組に加わってくれました。

天気予報は、どうやって作られるのか?
青山さんの1日を追いかけます。


午前2時出社
出社は午前2時。


報道フロア
まだ人もまばらな報道フロアが
青山さんの戦場。
天気図解析
席に着くやいなや、
パソコンを立ち上げます。
まずは情報収集…
最新の気象データを確認します。
天気図解析(2)
きょうは
<青山さん>
きょうはまだ分からない。

何が一番天気に影響しますか?
<青山さん>
一番は風向きです。

南風だと
太平洋側は霧がかかりやすく
気温が上がらない。

北東の風は
オホーツク海側の気温が低くなり
風向きでだいぶ変わります。


天気図解析(4)
北海道に出されている
警報や注意報はないか…
局地的な大雨が降る可能性はないのか…
広い北海道、すべて確認していきます。
全体ミーティング(青山さん)
スタッフとの打合せにも
熱が入る放送1時間前、
報道フロアの緊張感が
徐々に高まってきます。

お天気お願いします。
<青山さん>
はい、今日は昨日に比べると
晴れ間が増える所が増えてきます。
札幌も晴れる時間が長いと思います。


気象予報士を目指したきっかけ
気象予報士は
合格率が5%前後の狭き門です。 
青山さんは何故、
この道を選んだのでしょうか。

<青山さん>
大学の頃にサーフィンを始めたてで、
海で1回死にかけたことがある。
自然は怖いという思いが芽生え、
自分を守るためにも天気を予想できたらと
資格を取ろうと考えたのがきっかけです。


25歳で気象予報士試験合格
猛勉強の末、2018年3月、
25歳で気象予報士の資格を取得。
去年4月から
北海道の天気を伝えてくれています。
そんな青山さんの人物像を
スタッフに聞きました。
天気担当D 小出さん
<天気担当D 小出さん>
生活に寄り添ったコメントを
いつも考えていて、
出勤時間に雨が降るのか
降らないのかだったり、
農業関係者に
日照不足や雨不足はないか
よく調べて精査して
寄り添ったコメントをしています。

総合演出 木村さん
<総合演出 木村さん>
アクティブで活動的で
休みになったら道内各地を巡って
いつの間にか
北海道のことも詳しいですし、
北海道の人たちに
どんな天気情報が必要かというのが
的確に分かっていると思うので
成長のスピードに日々驚かされています。

大家AN
<大家AN>
OAも放送後も(いい意味で)
冷静で、舞い上がったりしない。
青山さんは沈着冷静で
それでいて、さわやか!
西尾AN
<西尾AN>
最初の頃は決まった流れというか、
リハーサル通りにできて
基準点だったと思うんですけれども
いまは想定外のことだったり、
スタジオからの想定外のフリに対しても
二人で応えていけるようになっているので
成長してこられたと思います。


 
スタジオ調整室
放送開始30分前…
向かったのはスタジオの調整室です。
ライブカメラ最終チェック
STVは北海道各地24か所に
ライブカメラを設置しています。
どの地点の映像を使えば、
より分かりやすく情報が伝えられるか
最終チェックを行います。


本番前リハーサル
本番10分前、屋外でスタンバイ…
雨の日も、風の日も、雪の日も、
外から天気を伝える事に拘っています。
画面を見ただけで、
いまの天気がわかるからです。


お天気コーナー本番
リハーサルを重ね、いよいよ本番です。
お天気コーナー本番(2)
お天気コーナー本番(3)
再びPCへ
お天気コーナーが無事終了…
…と思いきや、青山さんは
再びパソコンに向かっています。
お天気コーナーは
2時間の番組中に4回!
刻々と変わっていく
気象データを更新していくんです。
広〜い北海道・・・
それぞれ予測するのは苦労しそうですね。

予測の難しさ
<青山さん>
大変ですね。
他の地域よりも差が大きくて
海も3つあるので…
それによって風向きにによって
だいぶ気温とか天気も
ガラッと変わることが
北海道に来てから気付きました。 

心掛けていること
通勤通学、
帰る時間の天気予報は
社会人に必要ですし、
北海道は農業関係者が多いので
そこに寄り添った
コメントができるよう心掛けています。 
番組スタッフ
番組に携わる
すべての出演者やスタッフも
天気情報の大切さを胸に刻んでいます。
番組スタッフ(2)

  
青山さん&西尾AN
朝一番の天気情報は、
これから始まる一日の
指針ともなるからです。
4回目の天気情報
綜合演出 木村さん(2)
<総合演出 木村さん>
時間帯によって
見ている年齢層や
職業が変わってくるので
そのへんを
青山さんに対応してもらっています。 
天気担当D 小出さん
<天気担当D 小出さん>
いま一番
視聴者が気にしていることを
常に意識しています。
何が気になるかを俯瞰で見て
こんな項目ができませんかと
青山さんに提案するようにしています。
   
西尾AN(2)
<西尾AN>
九州各地ですごく大きな被害があって
私たちはみなさんに伝える術と
言葉を準備しておく必要があります。
いざという時に
しっかりと伝えていけるように
常日頃から勉強していくべきと思います。
   
大家AN(2)
<大家AN>
北海道には
酪農業、農家さん、漁師さんなど
お天気と共に生活している方が
たくさんいらっしゃるので
そういった人たちに向けて
私たちも朝から情報を
お届けする使命感を感じています。


4回目の天気情報(スタジオ)
2時間の生放送、
最後のお天気コーナーです。



4回目の天気情報(青山さん)
傘は必要か?長袖がよいのか?
このコーナーを見てから
家を出る人も多いのではないでしょうか?
4回目の天気情報(小出さん)
番組終了(青山さん)
番組終了・・・

お疲れ様でした。これで終わりですか?
<青山さん>
これからZIP!のL字画面をやります。

まだ作業は? 
<青山さん> あります。
番組終了(青山さん)2
今後の目標
青山さんに今後の目標を聞きました。

<青山さん>
冬が北海道の天気予報で重要なので、
雪の予報は
けっこう当たらないことが多いですけど
それを精度よく伝えたいので
どのくらい降ったら
どのくらい影響があるのか 
しっかり伝えるのが目標です。


今後の目標(2)
今後の目標(3)
エンディング
50年に一度という大雨が
毎年のように全国各地で
被害をもたらしています。

災害が起きても、生命を守る…
気象予報士の青山さんは
その一端を担っているのです。

まとめ

青山さんをはじめ
STVでは、これからも季節感や
生活に役立つ情報を織り交ぜながら
みなさんにより分かりやすく、
信頼される天気情報をお伝えできるよう努力を重ねてまいります。

番組モニター報告

続いて、番組モニター報告です。

7月12日(日)放送 「ブギウギ専務」

「ブギウギ専務」画像
最初に7月12日(日)に放送した「ブギウギ専務」の番組モニター報告です。

<10代 女性>
今回の企画は屋外のロケで時勢を意識した内容だと感じました。少しずつ、行動の制限が緩くなってきているなかで、ブギウギ爆釣倶楽部の企画のように行動のきっかけとなる発信は重要なことだと思いました。

<30代 男性>
顔出しパネルが何を意味するのかわかりませんでした。
おそらく、ロケ自粛中の番組収録で使用していたものかと思われますが、
普段から放送を見ていない私には面白さが伝わらなかったです。

<50代 女性>
いくらリモート収録からスタジオ収録に戻り、ロケ収録が解禁になったとはいえ、
こんなに気を緩めて大丈夫なのか?と不安を通り越して、やや不快になりました。
船上でのロケは、いくら海の上とはいっても、大声で怒鳴るように収録していたし、
出演者同士の距離もかなり近かったです。

<60代 男性>
釣り場や釣り方など
初心者にもわかるように丁寧に説明がなされていて、
釣りを知らない方にも楽しめたのではないかと感じました。
ライフジャケットの安全性について変更がなされ、
陸用と海用が個別に準備されたことなど、その解説に驚きました。

<20代 女性>
最後の次回予告の部分は、軽快に釣りをしているおおち係長と、
それとは正反対に船酔いに耐えているウエスギ専務の様子が面白くて、
来週も見てみたいという気持ちになりました。


7月18日(土)放送「DRAMATIC BASEBALL 2020 GO!GO!ファイターズ 北海道日本ハムファイターズ × 千葉ロッテマリーンズ」

「GO!GO!ファイターズ F×M」画像
次に、7月18日(土)に放送した
「DRAMATIC BASEBALL 2020 GO!GO!ファイターズ 北海道日本ハムファイターズ × 千葉ロッテマリーンズ」 の番組モニター報告です。


<40代 男性>
少ない観客のためか、選手たちの声援がよく聞こえて、試合に集中できました。
4回のリプレイ検証のやりとりでは、栗山監督の声や表情もはっきりと読み取れ、通常の試合では感じ取れない生々しさがあり、とっても新鮮でした。

<50代 女性>
高校球児への杉浦選手からのメッセージや西崎さんのコメントがとてもよかったです。
心が温かくなりました。

<20代 男性>
スポーツ中継は、いかに選手のプレーを見せるか、会場の盛り上がりや緊張感を伝えるかが大切だと思います。
今回の中継のような見やすい工夫を継続してほしいです。

<40代 女性>
解説の西崎さんも実況の工藤アナウンサーも冷静沈着でしたが、
両チームがホームランを打った際にはもっと盛り上がってもよいのではと思いました。

<10代 男性>
応援ツイッターはテレビ画面から離れずに
多くの人と一緒に見ている感覚を味わえるのでよかったです。


エンディング

エンディング
「ハイ!STVです」
次回の放送は、9月13日(日)です。

まだまだ暑い日が続きます。
どうぞ体調には
充分にお気をつけてお過ごし下さい。