熱烈!ホットサンド!

沢煮鍋のこと。

2020年6月18日(木)
先日のサンド・富澤さんのブログの記事です。

https://ameblo.jp/takeshi-tomizawa/entry-12604205104.html

札幌第一ホテルの「沢煮鍋」への想いが書かれています。

札幌第一ホテルは昭和27年の創業。
何回か移転していて、STVの近くにあったこともある老舗のホテルです。
そんな第一ホテルでしか食べられないのが「沢煮鍋」。
とにかくおいしい。
サンド・伊達さんいわく「ずっと食べてられる」という味。
料理長と数人しか知らないという秘伝の特性だし汁を
家でもなんとか作れないかとチャレンジしましたが
やはりこの味にはなろうはずもありません。
そのだし汁に豚肉やゴボウ、タケノコなど野菜をたっぷり入れて、
そのうま味も一緒に味わっちゃうというこの「沢煮鍋」は
この札幌第一ホテルでしか味わえない鍋なんですが、
この味を堪能できるのもあと数日、ということになっちゃいました。
札幌第一ホテルが今年の6月20を持って閉館することになったからなんです。

残念。

サンドウィッチマンの2人はこのホテルの「沢煮鍋」が大好きで、
札幌でのロケがあると、ここで食事をすることも多く、
時には家に鍋セットを送るほど、大好物でした。
「ホットサンド!」の密着取材では、ここで沢煮鍋を食べながら
収録をさせていただいたこともありますし、
昨年の札幌でのサンドウィッチマンのライブ後の打ち上げも
このホテルでさせていただきました。
サンドウィッチマンはもちろん、事務所の芸人さん、作家さんも
この鍋を堪能したのがつい去年のことなんですが・・・
  • 沢煮鍋を食べるサンド。
美味しいものを食べると元気になります。
特に「鍋」って、普段でもよく食べるもので、
それぞれに美味しい「鍋」の基準ってまちまちなので
定番の鍋以外で、みんながそろって美味しい!って思ってもらえるものは
実は少ないような気がするんですが、
ここの鍋はサンドウィッチマンの2人に限らず、
札幌市民はもちろん、多くの人たちに愛された鍋で、
この鍋のおかげで元気に頑張れた、という人も多いのではないでしょうか。

リモート収録。
実は先日の「ホットサンド!」の収録で、
この札幌第一ホテルの沢煮鍋を
取り上げました。
リモート収録だったので
サンドウィッチマン自身は
札幌第一ホテルには伺えませんでしたが、
美味しそうな沢煮鍋を見て、
「いやぁ、食べたいなぁ」と
しみじみと話していました。
愛すべき味とのお別れに
とても残念そうなサンドさんでした。

この様子は後日、しっかりと「ホットサンド!」の中で放送する予定です。
 
あらためて、札幌第一ホテルさん、そして沢煮鍋さん、
永くお世話になりました。ありがとうございました。

そしてごちそうさまでした。
どさんこ動画+