札幌テレビ 番組審議会

  • 番組審議会とは、放送法で「放送事業者は放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする」(放送法第6条)と設置を義務づけられた機関です。
  • 札幌テレビ放送では、ほぼ毎月1回ずつ年に10回、番組審議会が開催され、テレビの放送番組の内容や放送に関する問題について審議が行なわれています。
  • 番組審議会でのご意見は、番組モニターの方のご意見とともに、STVテレビで毎月第2日曜日放送の「ハイ!STVです」でもご紹介していますのでご覧ください。

「とれハン!〜GO!GO!どさんこアスリート〜」について

1.日 時

放送番組審議会photo1
2019年6月25日(火)
15:57 〜17:31

2.場 所

放送番組審議会photo2
STV放送会館アネックス7階A会議室

3.出席者

放送番組審議会photo3
[審議会委員]
濱田    康行     委員長
齋藤    一朗     副委員長
まさき  としか 委員
市川   加奈子   委員
西嶌    一泰     委員
横山    浩二     委員
石水     創       委員
三島    千枝     委員

[欠   席]
藪下    裕己     委員
   
[会社側代表]
根岸    豊明     代表取締役社長
山本    雅弘     専務取締役
萬谷   慎太郎   常務取締役編成局長
原田    哲哉     取締役コンプライアンス推進室長
正力   源一郎   報道局長
明石   英一郎   制作スポーツ局長

[会社側参与]
茅野      洋      制作スポーツ局スポーツ部長

[特別出席]
西       英隆      制作スポーツ局スポーツ部次長

[事 務 局]
東郷    達郎     番組審議会事務局長
池上    優子     番組審議会事務局

4.議題

(1)「とれハン!〜GO!GO!どさんこアスリート〜」について
(2)BPO報告・視聴者対応状況について

5.議事の概要

2019年度第3回番組審議会が6月25日(火)に開かれました。議題は、5月25日に放送した「とれハン!〜GO!GO!どさんこアスリート〜」で、番組では、レバンガ折茂武彦選手とファイターズ宮西尚生投手の対談や東京五輪への出場が期待される卓球・佐藤瞳選手らを紹介しました。委員からは以下のようなご意見を頂きました。

◇BGM、字幕デザイン、CM前の猫のアニメなど作り込んであってセンスがあった。
◇番組冒頭と最後に「宝箱」のCGが出て来るが、番組全体としてもっと「トレジャー」にこだわった方がよいのではないか。
◇4月にスタートした新番組であり、新しいものを示そうという試みは楽しみだ。
◇各コーナーもコンパクトにまとまっていて見飽きなかった。通常のスポーツ番組とは違う内容で、「東京五輪」「ラグビーW杯」前の番組として意義があった。
◇30分間に4つの話を理解するには頭をリセットする時間が必要だ。「もうチョッと見たい」というところで次に進んでしまった。
◇アスリートを幅広く取り上げていて贅沢な番組だった。家族で見て欲しい番組だった。
◇卓球・佐藤瞳選手は“師弟愛”と“北海道愛”がポイントだった。高校進学時に仕事を辞めて函館から札幌に出てきたコーチは深掘りして欲しかった。
◇卓球日本代表・佐藤瞳選手については、小学校時代から現在の実業団までプレーの映像が全部出てきたので、取材の厚みを感じて凄いと思った。
◇レバンガ・折茂武彦選手とファイターズ・宮西尚生選手の対談は、内容があっさりし過ぎていた。苦しみ、葛藤、達成感など踏み込んだ内容を聞きたかった。
◇レバンガ・折茂武彦選手が「身体のケアはしていない」「引退時期は40歳を過ぎて分からなくなった」という話は面白かったが、具体的に聞いてほしかった。
◇ファイターズ宮西尚生選手が“初の300ホールド達成”と紹介されていたが、“ホールド”の意味が分からなかった。
◇卓球・佐藤瞳選手の話でCMになったのに、CM明けはラグビーのリーチ・マイケル選手が登場し、その後再び、佐藤瞳選手に戻る構成は話が前後して分かりにくかった。

このほか、「7月の単発番組放送予定」、「5月〜6月の視聴者対応」、および「BPO報告」をして終了しました。
次回、2019年度の第4回番組審議会は、2019年7月23日(火)に開催を予定しています。

目次