ニュース

NEWS

札幌で大雪 交通に影響

12/10(土)「news every.サタデー」
きょうの道内は上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、札幌市内を中心に大雪となりJRや市電、空の便など交通機関に影響が出ています。
道内は上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、札幌を中心に大雪となりました。札幌市内では、きのう夜から雪が降り始め、午後5時までの降雪量は54センチとなりました。
(札幌市民)「きょうは一番ひどい。ことしで一番ひどい雪です」
この大雪の影響で、札幌市内を走る市電は始発から運休となっていて、復旧のめどは立っていません。一方、JR小樽駅では大雪のため線路の架線から列車に電気を送る装置にトラブルが発生しました。新千歳空港行きの快速列車など、あわせて135本が運休となりました。
(乗客)「困りますね。バスがどうなっているのか」「飛行機の時間が心配です」
空の便も午後4時の時点で新千歳-羽田間53便を含む241便が欠航し、ロビーは搭乗客で大混雑となりました。
(東京へ向かう搭乗客)「あした結婚式なので飛んでくれないと困る状況なんですけど」
また、スリップによる事故も起きました。午前10時ごろ、札幌市中央区の交差点で、除雪車が路外に逸脱し、信号機に衝突しました。運転していた男性にけがはないということです。

言わせて!

皆さんから「ちょっと言わせてほしい」意見や情報をお待ちしています。 ご意見の一部は番組の中で紹介させていただくことがあります。