ニュース

NEWS

住宅街を歩くクマ 北海道札幌市南区でもクマの目撃情報相次ぐ 児童はクマ鈴つけて登校

4/24(水)「どさんこワイド179」
今週、札幌市清田区や北広島市でクマの目撃情報が相次いでいますが、23日夜も新たに札幌市南区で、4件の目撃情報がありました。住宅街にたびたび現れるクマ。その様子をドライブレコーダーがとらえていました。
これは23日夜8時半ごろ、札幌市南区で撮影されたドライブレコーダーの映像です。住宅街を走行する車。そのライトの先に突然黒い影が。ゆっくりと動く真っ黒なからだ。その正体はクマです。クラクションを鳴らしても驚く様子はありません。
(村崎記者 リポート)
「クマが目撃されたのは、小学校からわずか300メートルほどのこちらの住宅街です。車を運転していた女性があちらに向かうクマを目撃したということです。」
付近ではさらに目撃情報が。この男性は昨夜6時すぎ、札幌市南区真駒内で、車を走行中にクマを見つけました。クマは車に気づいてこちらの様子を伺っていましたが、逃げる素振りはなかったといいます。
(目撃した男性)
「本当にすくっとたつんですよ背筋をのばして。で私のほうずっと見て車の中で目が合って」
「昨日(クマが)去ったあとそこに普通に人歩いているんですよ。ちょっと距離感的に危ないなって」
これらを含め札幌市南区では、きのうの夕方から夜にかけてクマの目撃情報があわせて4件相次ぎました。今週に入り、札幌市の清田区や北広島市など、住宅街において、クマの目撃情報が後を絶ちません。一夜明けたけさ、札幌市南区の小学校では教職員らによる見守り登校が実施されました。子どもたちのランドセルには学校で配布されたクマよけの鈴も。
(送迎に来た親は)
「大丈夫だとは思っているが万が一のことを考えると少し心配ですね」
(石山東小学校 正武家重治 教頭)
「子どもの安全を第一に考えて、保護者と地域とともに見守りながら、子どもたちが健やかに学習できるように対応する」
住宅街で次々と目撃されるクマ。クマが活発になる夜間や早朝は特に、1人歩きを控えるなど、十分に注意が必要です。