ラジオ・チャリティ・ミュージックソン

募金額・寄贈品

2017年12月24日(日)

第42回(2016年度)募金報告

募金額

ポスター
 第42回(2016年度) ラジオ・チャリティ・ミュージックソンにおいて、
 北海道内各地より「STVラジオ 通りゃんせ基金」に、
 15,502,658円 の善意の募金をお寄せ頂きました。
 皆さまからの温かいお気持ち、本当にありがとうございました。

寄贈内容

【第42回(2016年度)募金分 2017年12年〜2018年1月寄贈】

◆北海道警察本部 
  視覚障がい者用音響付加装置 3基  ※詳細は後述にてご確認ください
  (1)札幌市豊平区西岡4条1丁目 水源地通・白石藻岩通 交差点 (サンドラッグ月寒西店 南東角)
  (2)札幌市豊平区月寒西2条8丁目 水源地通沿 交差点(平和公園 南東角)
  (3)千歳市高台1丁目1 鉄北通・末広高台通 交差点(ビジュアルビル 南東角)

北海道盲導犬協会
贈呈式の様子(2018年1月31日)
◆公益財団法人北海道盲導犬協会
  北海道盲導犬育成基金

    2018年1月31日に贈呈式を実施。
     同基金への今までの募金額は、
       3900万円を超える寄付となりました。

◆北海道旭川盲学校
  パーキンスブレーラー(6点式点字タイプライター)
  視覚障がい者用歩行誘導マット
  白杖
  絵本等 視覚障がい者用教育教材

◆北海道帯広盲学校
  クライミングウォ—ル


今までに寄贈した「音の出る信号機」

「音の出る信号機」とは、一般の交通信号機に、「視覚障がい者用音響付加装置」の付いた信号機のことです。
当キャンペーンの基金の名称にもなっている「通りゃんせ」は、開始当時に全国的に使用されていた代表的なメロディです。
現在、北海道内で設置しているものの多くは、鳥の鳴き声(ピヨピヨ・カッコー)で、道路の方向により鳴き声が異なります。

【第1回(1975年度)〜第42回(2016年度)まで】
音の出る信号機の設置数 : 北海道内 154基  (5基の更新工事を含む)
 旭川市6基、芦別市1基、岩見沢市1基、江別市3基、小樽市4基、帯広市6基、上川町1基、北見市4基、釧路市5基、
 札幌市92基、士別市2基、滝川市1基、伊達市1基、千歳市2基、弟子屈町1基、名寄市1基、根室市1基、登別市2基、
 函館市12基、美幌町1基、深川市1基、富良野市2基、室蘭市1基、紋別市1基、余市町1基、稚内市1基、

寄贈場所(2010年以降)

【第42回(2016年度)募金分 2017年12月寄贈】
 ・札幌市豊平区西岡4条1丁目(サンドラッグ月寒西店 南東角)
 ・札幌市豊平区月寒西2条8丁目(平和公園 南東角)
 ・千歳市高台1丁目1(ビジュアルビル 南東角) 
 
  • 信号機写真
  • 信号機写真
【第41回(2015年度)募金分 2016年12月寄贈】
 ・江別市文京台31番地(歩道橋前)
 ・小樽市塩谷2丁目10(市営住宅前)
  • 信号機写真

【第40回(2014年度)募金分 2015年12月寄贈】
 ・札幌市白石区本郷通1丁目(ENEOS前)
 ・札幌市豊平区豊平3条8丁目(豊平交番前)
 ・札幌市南区真駒内幸町3丁目(地下鉄真駒内駅前)
 ・札幌市厚別区厚別中央1条6丁目<JR高架北>(バスターミナル前)
 ・札幌市厚別区厚別中央1条6丁目<JR高架南>(カテプリ前)

【第39回(2013年度)募金分 2014年12月寄贈】
 ・札幌市中央区南14条西12丁目(札幌視覚支援学校前)
 ・札幌市中央区南14条西13丁目(札幌視覚支援学校前)
 ・札幌市中央区南14条西14丁目(NTT東日本南ビル前)

【第38回(2012年度)募金分 2013年12月寄贈】
 ・札幌市中央区南1条東6丁目(札幌市民ギャラリー前)
 ・札幌市北区北24条西7丁目(白楊小学校前)

【第37回(2011年度)募金分 2012年12月寄贈】
 ・札幌市中央区南3条西5丁目(ノルベサ前)
 ・札幌市中央区南1条西1丁目(ローソン札幌創成橋店前)
 ・小樽市富岡1丁目4番13(小樽市保健所前)

【第36回(2010年度)募金分 2011年12月寄贈】
 ・札幌市中央区北5条西7丁目(京王プラザホテル札幌前)
 ・札幌市清田区平岡1条1丁目2-90(厚別神社前)
 ・千歳市清水町6丁目26(プレイランドハッピー前)

  • 街並み
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
棟方志功展