ノノさんの朝ごはん

#2 いただきます

2022年4月9日(土)

今日の写真

  • 画像

⚽オープニングナンバー⚽

グレインミュージック

Fantasista / Dragon Ash  対  Mugen / ポルノグラフィティ

勝者は・・・先攻の「ファンタジスタ」でした!

⚽今日の放送内容⚽

サッカー・Jリーグの野々村芳和チェアマンがレギュラー出演する
STVラジオ『ノノさんの朝ごはん』。

今週の野々村チェアマンは、大阪(4/5のセレッソ大阪vs柏レイソル)と
京都(4/6の京都サンガvsガンバ大阪)にJリーグの試合を視察に行ったそうです。
特に京都のサンガスタジアムは、印象深かったようです。

野々村:京都は、新しくスタジアムが出来て、初めて行ったんですが、
やっぱりスゴいなと言うか、いいなと思いましたね。サッカー専用スタジアムで。

メディアの皆さんとの懇親会みたいなものもあったので、
キックオフの3時間前ぐらいにはもう現地に行ってたんですけど、
平日にもかかわらずガンバのサポーターとか早くから来て、
広場みたいなところに出店もあって、そこでみんな楽しそうにしてるんですね。
それもいいなと思ったし、スタジアムも素晴らしいなと思ったんですけど。

いちばん凄いなと思ったのは、僕は今まであんまりスタジアム(スタンド席)で
見るって今までなかったんですよね。
今回はガンバサポーターのすぐ近くで見てたんですよ。
で、ガンバサポーターの手拍子とかが、かっこいいんですよ。
「手拍子でも、こんなパターン作れるんだ」みたいな感じとか。
 
吉川:なかなか声を出せないところから始まって、
この手拍子の完成度が上がって行ってるんですかね。

野々村:いや、すごかったですよ。
(関西)ダービーっていうのもあったと思うんですけど、
両チームの盛り上がりもすごくて、僕もガンバサポーターのすぐ横にいたんで、
その音を体が覚えちゃうくらいな感じ。なんて言って分かんないけど、圧巻でした。


Jリーグの試合を「作品」と言っている野々村チェアマン。
サポーターのすぐ近くで観戦するところも、自らの考えを具現化するひとつなのでしょう。

そして、世間様から「料理番組」と言われたからには、こういう話題にも触れなければ…。
 
吉川:(リスナーからのメール)
「先日ワールドカップの抽せん会が行われましたね。
日本はドイツやスペインといった強豪と当たってしまい、勝てるのかなと不安になります。
それにちなんだ話題、ドイツといえばソーセージということで、
ノノさんはソーセージの調理法はどれが好きですか?」

サッカーと関係ないじゃないかよぉ!

野々村:いやいや、関係ありますよ。(中略)
もう完璧なサッカー話ですね、これは。ドイツを喰え!って言うことですね。
吉川:大変ですよ、これからドイツとスペイン料理を食べていくのは。

野々村:そうですよ。…ソーセージって、売ってるままで喰えるんっすか?

吉川:基本、そのままでは食べないですよね。

野々村:僕、(料理は)何も出来ないのね。
じゃあ、茹でても、これ茹で上がってるのかが分かんないと思うんですよ。
チンするのも、何分チンすればいいのかが多分、
分からないと思うから「焼く」が一番かな。昭和っぽい感じですよ。
焼いてやりゃあ、なんでも大丈夫だろうと。


確かに最近、ソーセージは「茹で」が多いような気がしますが、
かつては「焼く」が圧倒的な調理法だった気がします。
野々村チェマンに於かれましては、ソーセージをどんどん焼いて食べていただき、
そして「パエリア」もどんどん食べて頂いて
ドイツとスペインに勝つ"験担ぎ"をしてもらいましょう!

…こんな番組です。


詳しくはradikoのタイムフリー機能でお楽しみ下さい!

⚽ノノムランチ⚽

  • 野々村芳和
    ※写真は2019年4月「GO!GO!コンサドーレ100回記念放送」時のランチロケから。
4月4日(月)【4080歩】
「唐揚げ弁当」

4月5日(火)【4075歩】
「食べていません」

4月6日(水)【6483歩】
「にしんそば@京都駅」

4月7日(木)【2299歩】
「ミートドリア(コンビニ)」

4月8日(金)【1460歩】
「ゼリー飲料(収録中に完飲)」
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオ60周年