KANのロックボンソワ

第667回『あ、コレまだかけてなかったじゃん選曲』

2017年10月14日(土)

第667回『あ、コレまだかけてなかったじゃん選曲』

はい、秋の大イベント【靱公園風のハミング】も終わり、今月末から始まる
BAND LIVE TOUR 2017【恋するチンクワンタチンクエ】に全神経を集中している
現在の私です。
今週は、かけたつもりになっていてよく考えたらまだかけてなかったCDからの選曲です。

M1. himawari / Mr.Children < 2017.07.26

DOME & STADIUM TOUR9月終了したMr.Children
もうすでになる作品にとりかかっているのでしょうか
7月リリースの最新シングル、まだかけてませんでした。

M2. Shine / INSIDE OUT < Run Way < 2014

スターダスト☆レビューのサポートをもうかれこれ15年努める
添田啓二くんと岡崎昌幸くんのユニット・INSIDE OUTの2枚目の
アルバムは、これはもう3年も前の作品だというのに、
まだかけてませんでした。失礼古今和歌集。

M3. One-Sided Love / 宮崎薫 < From Here < 2017.03.30

何度かお会いしたことはあるんですが、作品を聴くのは今回が初めてで、
ちょっと前に買ってみたんですが、とても素晴らしい内容です。

【世界の国歌】

M4. Sayaun Thunga Phulka Hami(ネパール国歌) / Slovak State Philharmonic, Košice 指揮:Peter Breiner

<ネパール連邦民主共和国>面積:約14.7万m2(北海道の約1.8倍)
/人口:2,649万人/首都:カトマンズ/公用語:ネパール語
/通貨:ネパール・ルピー/主な宗教:ヒンディー教(81.3%

<国歌>王制廃止に向かって政治混乱が続いていた2007年に新しく制定された
この国歌は、世界で最も新しい国歌のひとつと言えるでしょう。旧国歌の使用を
2006年に停止した後、国を越えて応募された1,272の詞から、
ビャクル・マイラさんの詞を選出。この歌詞にアンバル・グルンさん(3曲)、
ネパール警察(1曲)、国軍(1曲)、ニュー・バジュラチャールヤさん(1曲)
により計6曲が作曲され、アンバル・グルンさんの1曲が採用され、新国歌として
制定されました。8月にネパール旅行の話をした回では、現国歌の音源がなかったため、
やむなく旧国歌をOAしましたが、今回新たに10枚組・全462曲という全世界国歌集
2013年盤)を購入しましたので、お聴きいただきます。

M5. 愛はいつも偶然じゃない / Stardust Revue < LIVEスタレビ 5CD BOX < 2017.07.19

去年2月から今年の春にかけての全国ツアーで演奏された全62曲を
完全収録した5枚組・5,000円のCD BOXから。

そんなスタレビのみなさんの3年ぶりの北海道スペシャルライブが、
10月下旬に以下の日程で6公演行われます。
【ア・カペラ&アコースティックツアーはじめまして Vol.2
10月22日(日)北斗市総合文化センター かなで〜る
/23日(月)苫小牧市民会館 大ホール
/25日(水)浦河町総合文化会館
/26日(木)音更町文化センター大ホール
/28日(土)大空町教育文化会館
/29日(日)名寄市民文化センター EN-RAYホール 
詳しくはオフィシャルサイトで https://www.s-d-r.jp

M6. 秋、多摩川にて / KAN < 弱い男の堅い意志 < 2010(1993)

ボンソワネーム“シャララン”さん、リクエストありがとうございます。

 

アルバム【6×9=53】に参加していただいた豪華なゲストアーティストを
迎えてのケジメライブをほぼ完全収録して9月20日(水)に発売された
Blu-ray Disc【ロックンロールに拿捕されて】、もう観ていただいてますでしょうか。
観てない方は観たほうが良いと思います。

 

そして、今月末から始まるBAND LIVE TOUR 2017【恋するチンクワンタチンクエ】、
札幌公演は11月12日(日)ZEPP SAPPOROです。

 

で、その翌週11月19日(日)は、ニトリ文化ホールで、スタレビュさん・
杉山清貴さん、PUFFYさんとのイベントライブです。

 

その他いろんなことも含めて、私のオフィシャルサイト【www.kimuraKAN.com】を
チャック上げ下げしてください。

 

皆さんからのメール・お便り・リクエストをお待ちしています。

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く