ニュース

NEWS

道内ニュース

ひき逃げで警察官を逮捕

札幌市豊平区でことし4月、27歳の女性がひき逃げされ重傷を負った事件で、28歳の現役警察官の男が、ひき逃げなどの疑いで逮捕されました。
ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、道警本部機動隊の巡査長高田積伸容疑者(28)です。高田容疑者は、ことし4月、札幌市豊平区平岸5条15丁目の市道で、伊藤つかささん(27)を車でひいて重傷を負わせたにもかかわらず、その場から逃走した疑いが持たれています。道警によりますと、高田容疑者は、勤務終了後にいちど帰宅し外食に出かけましたが、その帰り道で事件を起こしたということです。道警は、周辺の防犯カメラの映像を調べるなどして、高田容疑者の車を割り出したということですが、高田容疑者の認否については明らかにしていません。

7/17(火)「どさんこワイド179」

上川管内の大雨被害 来月にも農地の復旧へ

今月上旬に上川管内を襲った大雨による農地への被害の把握と支援を進めるため、地元自治体やJAなどが参加する協議会が開かれました。早ければ、来月中旬にも被害にあった農地の復旧作業に入るということです。
今月2日から上川管内を中心に降り続いた大雨。各地で農地への浸水や土砂の流入などの被害をもたらしました。特に被害の大きかった旭川市内の農作物などの被害額は、最大でおよそ7億1200万円にのぼると言われています。きょう開かれた上川管内の自治体やJAなどが参加した協議会では、被害状況が共有され、国の災害復旧事業を利用し、来月中旬にも、復旧工事に入ることが確認されました。協議会は今後も、農地や農作物の被害状況や、被災した農家への支援の枠組みなどについて話し合われるということです。

7/17(火)「どさんこワイド179」

無登録で貸金業 暴力団事務所を家宅捜索

六代目山口組系暴力団幹部の男が、無登録で貸金業を営んでいたなどとして逮捕された事件で、警察は暴力団事務所を家宅捜索しました。
警察が家宅捜索に入ったのは、札幌市中央区にある六代目山口組の2次団体四代目誠友会の事務所です。誠友会幹部の宮井静夫容疑者(54)は、無登録で貸金業を営み、知人男性におよそ86万円を貸し付け、他人名義の口座に利息を含め512万円を入金させた疑いが持たれています。調べに対し宮井容疑者は黙秘を続けていますが、警察は入金された現金が誠友会の資金源になっているとみて裏付けを進めています。

7/17(火)「どさんこワイド179」

ナマコ500キロ盗まれる

岩内町の卸売市場で、漁協組合が保管するナマコ、およそ500キロが盗まれる事件があり、警察は転売目的の可能性が高いとみて調べています。
警察によりますと、岩内町大浜の、岩内地方卸売市場で、午前4時10分ごろ、「保管中のナマコが盗まれた」と、出勤した漁協組合の職員から警察に通報がありました。警察が調べたところ、市場の窓が割られていて、タンクに保管してあった、きょう出荷予定のナマコ、およそ500キロ、350万円相当が盗まれていたということです。きのう夕方には異常はなかったということで、警察は転売を狙った複数犯による犯行の可能性が高いとみて調べています。

7/17(火)「STVストレイトニュース」

円山動物園 キリン公開

1年間に渡ってキリンがいなかった、札幌の円山動物園で、別の動物園から譲り受けたキリンが仲間入りし、きょうから一般公開が始まりました。
オスのキリンの「テンスケ・1歳」です。体長およそ3メートル、体重およそ、500キロの体は迫力満点です。札幌の円山動物園では、去年夏に、マサイキリンの「ユウマ」が死に、アフリカゾーンのキリン館は、空の状態となっていましたが、東京の多摩動物公園から譲り受け、1年ぶりにキリンの姿が戻りました。
(来園者)「かわいいですね」「久しぶりに近い動物園で(キリンを)見られてよかった」
円山動物園では、テンスケを、屋内と屋外の獣舎を自由に出入りさせながら展示するということです。

7/17(火)「STVストレイトニュース」

道内では16日ぶりの真夏日

3連休最終日のきょう、道東では気温が上がり、釧路管内を中心に真夏日を観測しました。道内で真夏日となるのは16日ぶりです。
道東の鶴居村では、午前中から晴れて気温が急上昇し、きのうより15℃以上高い31.5℃を観測。道内では16日ぶりの真夏日です。鶴居村の公園では、家族連れなどが水遊びをしたり、かき氷などを食べて暑さを和らげていました。
(訪れた人)「おいしいです」「ずっと雨だったので、久しぶりに暑くて夏が来たって感じです」
北海道の西側から暖かい空気が流れ込んだ影響で、とくに釧路管内で気温が上がり、白糠町と厚岸町は31℃に、釧路市も30.1℃と、7月としては初めての真夏日となりました。

7/16(月)「どさんこワイド179」

小学生が海の危険を体験

夏休みを前に、小樽のドリームビーチではライフセービング教室が開かれ、参加した子どもたちは海の危険を学びました。
この教室は、地元のライフセーバーたちが、水難事故を減らそうと毎年行っているもので、きょうは小学生たちが参加して、海で溺れたときの対処法などを学びました。参加した子どもたちは、実際に海の中に入り、ライフジャケットを着用して浮いてみたり、ボートに乗って、波の強さやその危険性を体験しました。
(参加した小学生)「奥に行きすぎると危ないことがわかったから、保護者に見てもらうようにする」
子どもたちは、ライフセービングのほかに、ごみ拾いなど、海で遊ぶときのマナーについても楽しみながら学んでいました。

7/16(月)「どさんこワイド179」

市営住宅で火事 男性死亡

けさ苫小牧市の市営住宅で火事があり、火元の部屋の住人とみられる男性が死亡しました。
火事があったのは、苫小牧市大成町1丁目の14階建ての市営住宅です。午前8時すぎ、住宅の管理人から、「11階の部屋の郵便受けから黒い煙が出ている」と消防に通報がありました。火はおよそ40分後に消し止められましたが、火元となった部屋から男性1人が遺体で発見されました。火事のあと、この部屋に住む40代の男性と連絡がとれず、警察は、死亡したのはこの男性とみて身元の確認を急ぐとともに、火の出た原因を詳しく調べています。

7/16(月)「STVストレイトニュース」

全裸男 女性の尻さわり逃走

きのう深夜、石狩市内の路上で、女性が全裸の男に尻を触られる事件がありました。付近では、全裸の男による公然わいせつ事件も起きていて、警察が関連を調べています。
事件があったのは、石狩市花川南の路上です。きのう午後11時20分ごろ、帰宅途中の20代の女性が、後ろから近づいてきた全裸の男に尻を触られ、男はそのまま逃走しました。男は年齢50歳くらい、身長170センチくらいの小太りで、短髪で眼鏡をかけていたということです。また、その15分ほど前には、およそ6キロ離れた石狩市緑苑台の路上で、20代の女性の前に全裸の男が現れる公然わいせつ事件が起きていました。年齢や身長などの特徴も似ていたことから、警察では、同一犯の可能性もあるとみて、関連を調べています。

7/16(月)「STVストレイトニュース」

両親殺害で再逮捕の長男 送検

函館市内で、40代の長男が自宅に両親の遺体を遺棄した事件で、おととい両親を殺害した疑いで再逮捕された長男の身柄が、けさ検察へ送られました。
身柄を検察に送られたのは、函館市神山3丁目の無職畑直弥容疑者(41)です。畑容疑者は、先月29日から今月2日までのあいだ、自宅で父親の憲一さん(70)と母親の美智江さん(71)の頭部などを棒のようなもので複数回殴り殺害した疑いです。2人は、全身に打撲の痕があり、死因はともに脳挫傷でした。畑容疑者は容疑を認めていますが、意味不明の言動もあり、警察は慎重に調べを進めています。

7/16(月)「STVストレイトニュース」

落雷で住宅の壁焦げる

小樽市では雷の影響で住宅の内部の壁が焦げる被害がありました。
気圧の谷が通過して大気の状態が不安定となった道内。広い範囲で雨が降り、局地的に雷雨となりました。小樽市では落雷が発生して、近くの住宅の壁が焦げ、テレビも故障して電源が入らなくなりました。
(雷が落ちた家の住人)「地響きのように感じた。落ちた瞬間、光とともに「ドーン」と鳴った。すごかった」
今夜からあす明け方にかけて、引き続き雨の降りやすい天気が続く見込みです。

7/15(日)「真相報道バンキシャ!」

札幌冬季オリンピック・パラリンピック 招致年で意見交換

冬のオリンピック・パラリンピックを何年に招致するかについて、札幌市は9月まで判断を延ばす方針を決めました。
札幌市は今月中にも、冬季オリンピックの招致時期を2026年から北海道新幹線が札幌延伸する2030年に変更すべきか、判断する方針でした。きょうの意見交換会で、JOCから、国際オリンピック委員会と2026年の招致にむけた協議を続け、情報収集した方が2030年の招致を実現しやすいと意見が出されました。これをうけ札幌市は、どの年に招致するかの判断を9月まで延ばすことを決めています。

7/15(日)「真相報道バンキシャ!」