ニュース

NEWS

【台風17号 温帯低気圧に】勢力を保ったまま北海道に接近 北海道函館市のようすは?

9/23(月)「STVストレイトニュース」
台風17号は温帯低気圧に変わりましたが、勢力を保ったまま北海道内を通過する見込みです。道南の函館から、東海林記者のリポートです。

函館市の住吉漁港です。白波が立っていて、その波が次々と港に打ちつけてきています。街の中では傘をさしながら歩く観光客の姿も見られましたが、海の近くでは、傘が飛ばされてしまうほどの強い風が吹いています。函館市内、雨は未明から降りはじめていて、そのあと強くなったり弱くなったりを繰り返しながら降り続いています。そしてこの時間、強い風と共に体に打ちつけるような強い雨となっています。気象台によりますと函館市内は、台風から変わった温帯低気圧が接近する影響で、このあと昼から夕方にかけて雨が強まり、風は夕方から夜にかけて強くなるということです。
(23日午前11時45分ごろ報告)

道内ニュース