ニュース

NEWS

シカ住宅街を行く 札幌縦断 早朝から目撃相次ぐ

10/18(金)「どさんこワイド179」
(樋口記者リポート)
「北区篠路、伏古川にかかる河川敷をシカが勢いよく走って行きます」
18日午前、札幌市北区の住宅街に現れたオスのシカ。
(樋口記者リポート)
「シカが道路を横断しようとしています」
走っていた乗用車を止め悠々と道路を横断します。さらに…
(樋口記者リポート)
「泳いで川を渡っています」
これには釣りをしていた人も…
(釣り人は)
「(Q.住宅街にシカが出るのは?)珍しいね」
こちらは18日朝、視聴者がとらえた映像です。札幌市北区新琴似の住宅街をゆっくりと歩きその後、住宅の庭にとどまります。
(撮影者は)
「びっくりしたー」
(シカを目撃した人は)
「トマトの木の陰に座って休んでいたよ。ペターっと座って」
18日午前6時半ごろから北区の新琴似や太平、伏古を中心に、札幌市内各地でシカが相次いで目撃されました。目撃されたのは同一の個体とみられていて北区内を逃げ回っていたのです。シカの出没はオスだけではありません。ほぼ同じ時間帯に新琴似の道道にもメスのシカが現れ車にひかれました。
(樋口記者リポート)
「北区東茨戸の住宅街です。シカが悠々と道路を歩いています」
なかなか捕獲することができないオスのシカ。結局、発見からおよそ6時間後、北区東茨戸の緑地に消えていったということです。札幌市などは緑地がシカの生息地の可能性があることから追跡を中止。閑静な住宅街が思わぬ珍客によって大騒ぎとなりました。

道内ニュース