ハイ!STVです

2021年5月16日(日)

2021年5月16日(日)
永井AN 画像

おはようございます。

少しずつ新緑が鮮やかになってきました。

1年の中で北海道で一番生命の息吹を感じられる季節かもしれません。

 
「ハイ!STVです」今月も、どうぞ、最後までおつき合いください。

皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳 画像
はじめに、皆様からのお問い合わせなどについてお伝えいたします。

先月、4月の1か月間に
視聴者の皆様にいただいたご意見やお問い合わせの総数は1181件でした。

内訳は
ご意見、ご要望が       558
お問い合わせが      416
苦情が            
その他が         203件  となっています。

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「どさんこワイド 179」   250
「ニュース全般」        166件 
「どさんこワイド 朝」      90
 
いただいたお問い合わせ、ご意見、ご要望の中から一部をご紹介します。

どさんくんぬいぐるみ
<50代女性>

どさんこくんのぬいぐるみが欲しいと思っています。
札幌で購入できる場所を教えてください。

どさんこくん 画像
どさんこくんのぬいぐるみは、

三省堂書店札幌店、 STV放送会館受付 
など
でご購入いただけます。

STVショッピングサイト でもお買い求めいただけますので、
ぜひご利用ください。

お問い合わせ

視聴者センター受付電話番号 画像
STVでは、テレビをご覧の皆さまからの
番組内容に関するお問い合わせはもちろん
ご意見、ご要望をお待ちしております。
STV視聴者センターまでご連絡下さい。

電話 011-272-8285

祝日を除く、月曜から金曜日の
午前10時から 午後6時まで 承っております。

お手紙は 郵便番号060-8705
STV視聴者センターでお待ちしています。

番組審議会のご報告

番組審議会 画像

組審議会のご報告です。

 2021年度 第1回番組審議会が 4月27日(火)に開かれ、4月3日(土)にスタートした
新番組
「ハレバレティモンディ」 について意見をいただきました。 

番組審議委員の意見(抜粋)画像
「北海道を鼓舞する応援バラエティ」をテーマとする新番組で、若手芸人のティモンディが体を張って、雪中ゲームに挑戦しました。

はじめにまさき委員の意見を紹介します。

初の冠番組を北海道の局でやってくれて、しかもサンドウィッチマンさんの後輩ということもあって、応援したい気持ちと「ありがとう」っていう気持ちで見ました。第1回目ということで、まだ手探りの状態なのかなという印象で、今後回を重ねて行くごとに色や個性が出てくるんじゃないかなと感じました。

◇最初から最後まで、ティモンディの陽気さと初冠番組への意気込みが伝わってきた。

◇番組としての未成熟さはあったが、若いティモンディとスタッフが共に作り上げていく中で、
 彼らを育てていく番組になるのではと感じた。

◇動画配信のコンテンツのような感じもあり、
 10代、20代の若者にも受け入れられやすいのでは。

◇雪の中で体を張るという企画は、元々体力自慢のコンビなので
 番組の初回としては予想通りであったが、あまり新鮮味は感じられなかった。

◇北海道出身ではない芸人が北海道で初冠番組を持つことはとても面白いと思う。
 そこをもう少し特色として打ち出してもよかったのでは。

・・・ などの意見や要望を寄せていただきました。

また、互選によって

齋藤 一朗 (さいとう いちろう)委員が、委員長に

石水  創 (いしみず はじめ) 委員が、副委員長に就任しました。

番組モニター報告

4月3日(土)放送「ハレバレティモンディ」

「ハレバレティモンディ」画像
次に、番組審議会の議題にもなった
4月3日(土) に放送した
「ハレバレティモンディ」
番組モニター報告です。

<40代 男性>
初めての看板番組ということで意気込みの強さがストレートに感じられました。これからどうなっていくのだろう というワクワク感が時間を追うごとに増していく内容だったと思います。


 
<10代 女性>
明るく、何事も全力で取り組むという姿勢が感じられて好印象でした。フレッシュな芸人さんで、まだあまり知らないという人も多いと思うので、今後もなるべく字幕やナレーションで名前を表示したほうがいいと思いました。

 
<30代 男性>
収録時間の関係で仕方がないと思いますが、4月の放送だったので、春に雪はどうかなと思いました。今後に期待しています。利尻、礼文、奥尻など、北海道の島での楽しみ方も紹介してもらいたいです。

 
<20代 女性>
ティモンディをテレビで見るときは、高岸さんにスポットライトが当たることが多いように思いますが、この番組では前田さんの面白さにも注目していて、コンビとしてのティモンディの良さを見ることができました。面白かったです。


 
<50代 男性>
ティモンディをよく知らないため、番組中盤ではなく冒頭に自己紹介をして欲しかったです。毎回、今回のように体当たりでゲームのようなものを行うのか、または、全く違う企画もあるのか、番組のコンセプトがよくわかりませんでした。


5月5日(水)放送 「札幌チャレンジハーフマラソン2021」

「札幌チャレンジハーフマラソン2021」画像
続いて5月5日(水)放送
「札幌チャレンジハーフマラソン2021」の番組モニター報告です。

<20代 女性>
インタビューVTRを通して各選手の特徴をつかむことができました。北海道マラソンでの成績や、道内の大学を卒業したなどの、北海道にゆかりのある情報が提供されたことで親近感を持ち、応援しようと思いました。


<40代 男性>

普段暮らしている街並みを走っているというだけで、そのコースの距離感が分かりますし、そこを凄いスピードで駆け抜ける姿に終始驚かされました。自転車でよく走る道のりなので、選手たちのスピードは、他のマラソン中継よりもダイレクトに伝わってきました。


<40代 女性>

瀬古さんも野口さんも、マラソン界の第一人者なので、解説がとても分かりやすかったです。お互いの掛け合いも軽快で嫌みがありませんでした。コースについても、実際に走ったか、下見をしなければわからないようなことも解説していて、感心しました。


<50代 男性>

日本代表選手の走りを中心とした構成により知識が深まり、オリンピック本番に向けて一層マラソンへの興味が湧きました。また、コース周辺や上空からの映像で主要な観光地を紹介するなど、札幌の魅力についても程よく発信していたと思いました。


<10代 女性>

番組全体を通して同じような情報をずっと聞いているような感覚がありました。またずっと一位を走っていたケニアの選手の情報があまりにも乏しいと感じました。


エンディング

「STV外観」画像
「ハイ!STVです」

次回の放送は
6月13日(日)の予定です。

それではまた
来月お目にかかりましょう。


番組情報

放送時間

毎月 第2日曜日

朝5時35分〜5時45分

出演者

  • 永井 公彦 アナウンサー

お問い合わせ、ご意見、ご要望

STV視聴者センター:011-272-8285 祝日と年末年始を除く、月曜から金曜日の午前10時から午後6時まで承っております。

お便り: 〒060-8705

STV視聴者センター

STVどさんこ動画+