しゃかりき!ようへい商店

本日の商品ラインナップ

しゃかりき!ようへい商店303日目 5/16の商品ラインナップ

2022年5月16日(月)

☆5月16日の選曲☆

M「 Brianstorm / アークティック・モンキーズ 」

M「 She Will Be Loved / マルーン5 」

☆ようへい商店 Nisshoケース☆

このコーナーでも大正時代から続く安平町の堀書店や、
ご夫婦で切り盛りしている浦幌町の東栄堂などご紹介してきましたが、
今日は北海道を飛び出し、埼玉県で出逢った書店をご紹介します。

それは、埼玉県行田市にある
「忍書房(忍という字を書いてオシと読みます)」

2021年に公開された映画「隠し絵の牙」(大泉洋さん主演)の
ロケ地としても使用されてきた書店となります。
埼玉県行田市にある忍書房の大井達夫さんにお話を伺いました。

大井さんのお父さんがシベリア抑留から引き揚げてきて始めたお店。
書店を継ぐつもりはなかったので、出版社に就職した大井さんですが、
2003年、2004年と両親が相次いで亡くなったため、
仕事を辞めず、平日はお姉さん、
土日と祝日は大井さんが店を受け継ぐ事に。

そんな中、映画のロケ地として撮影が行われましたが、
コロナ禍で上映が延期となってしまい、
公開を待つことなくお姉さんが病気で他界。
また、住居部分で火を出してしまい、
幸い店舗は守られたが、消火作業の放水で商品が全てダメに。
その時はさすがに辞めようかと思ったという大井さん。

「空いていてよかった」と言って足を運んで下さるお客様が少しでもいると、
それだけで「続けなければ」という原動力になりますし、地域の見守りも大切。

地域貢献の意味もあり、
現在でも店舗の復旧を願いながら、営業を続けています。

この放送を聞いた方に
あの町の書店に行こうかな、と思ってもらえると嬉しいです。

【忍書房】
埼玉県行田市忍2丁目18−6 

☆経営戦略室☆

「観光」
ラッタウット・ラープチャルーンサップ:著
(ハヤカワepi文庫)

ご紹介した本に加え
番組オリジナル「和手ぬぐい」
芦別銘菓 よねた製菓の「ようへいまんじゅう」も
セットでお送りします。

ご応募はお葉書かメールで。

〒060-8705
STVラジオ 
しゃかりき!ようへい商店「経営戦略室」係

メールアドレス
yo@stv.jp

※5月20日(金)締め切りです※
  • 画像
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオ60周年