ハイ!STVです

2017年10月8日(日)放送分

2017年10月8日(日)
萩原AN画像
おはようございます。
朝晩の冷え込みで秋の深まりを感じられる季節になってきました。

「ハイ!STVです」。
今月も視聴者の皆様のSTVに対するご意見・ご要望などをご紹介するほか、STV番組審議会の内容についてもお伝えしてまいります。

どうぞ最後までおつきあいください。

皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳画像
皆様からのお問い合わせなどについてお伝えいたします。

先月、9月の一ヶ月間に視聴者の皆様にいただいたご意見、お問い合わせの総数は
879件でした。

内訳は
お問い合わせが       417件
ご意見、ご要望が    335件
苦情が           0件
その他が        127件  となっています。

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「どさんこワイド 179」          174件
「ニュース・情報番組全般」                48件
「どさんこワイド 朝」               83件
「次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL 2017」   21件  となっています。
  
いただいたお問い合わせ、ご意見、ご要望の中から一部をご紹介します。

<50代 女性>
10月から番組が変わりますよね。
新しい編成について教えて下さい。

STVでは、春と秋の2回、番組の改編を行っています。

この秋も
STV制作の番組に大きな変更はありませんが
あさ5時からの「どさんこワイド朝」では
日本一背の高い女性アナウンサーとも言われる
小笠原舞子アナウンサーが仲間入りしました。

個性豊かなキャスター陣で楽しさもパワーアップして
北海道の朝を元気にお伝えしていきます。

番組スタートから27年目を迎えた
「どさんこワイド179」では
来年2月の平昌オリンピックに向けて
どさんこ選手を応援する「GO!GO!平昌」や
村雨アナウンサーが登場する釣りの新コーナー
「どさんこ釣〜りんぐ」が始まりました。

これからも北海道に密着した番組作りを目指し
みなさんの「知りたい!」や「キニナル!」 に応えていきます。

この秋もSTVの番組をぜひお楽しみください。

お問い合わせ

STVでは、テレビをご覧の皆さまからの
番組内容に関するお問い合わせはもちろん、
ご意見、ご要望をお待ちしております。
STV視聴者センターまでご連絡ください。

電話 011-272-8285
祝日を除く、月曜から金曜日の午前9時半から午後7時まで承っております。

お手紙は 郵便番号060-8705
STV 視聴者センターでお待ちしています。

こどものまち「ミニさっぽろ2017」

こどものまち「ミニさっぽろ2017」 画像
9月30日(土)と
10月1日(日)の二日間、
札幌市白石区のアクセスサッポロで、
こどもたちが職業体験を通して
働く楽しさや大切さなどを学ぶイベント
こどものまち「ミニさっぽろ2017」が開催されました。

札幌市内の小学校3、4年生が仮想の街、「ミニさっぽろ」の市民となり、
看護師や消防士など、様々な職業を体験し、社会の仕組みやお金の使い方などを学びました。

STVは今年もこのイベントに参加し、会場にこども放送局を開設。
こどもたちが、アナウンサー、ディレクター、カメラマンなどになって
本物の中継車やテレビカメラを使って会場内のステージの模様を中継しました。

STVではこのような機会を通じて、
テレビを見るだけではわからない
番組制作の「しくみ」について知っていただきたいと考えています。

番組審議会のご報告

番組審議会 画像
番組審議会のご報告です。

平成29年度第4回番組審議会が9月26日(火)に開かれ、8月に放送したSTV制作の全国ネット番組「大泉洋の驚きジャパン 知らなかった!! 世界が変わる大研究!スペシャル」について審議いただきました。

番組は、軟骨やアキレス腱への代わりとなる物質の研究、 音声を光に乗せて通信しようという研究、そして風船を使って宇宙空間の写真を撮影しようという研究の現場を大泉洋さんが訪問して紹介する、という内容でした。

委員からは、
  • 科学をテーマにしたバラエティ番組として、家族で話しながら楽しく見られる番組だった。夏休み期間中でもあり、子供が自由研究の題材探しの参考になったのではないか。
  • 大泉洋の絶妙な突っ込みや軽快なやりとりが面白く、最後まで楽しく見られた。
  • 北大が研究する生体材料が、最強素材として『なぜ強いのか』の部分に充分答えてなかった。専門的になりすぎると視聴者にはわからないと考えたのかもしれないが、そこを分かり易く伝えて欲しかった。
  • 全て北海道のスタッフで制作したとのことだが、北海道で制作したとは思えない仕上がりだった。STVらしさとともに、全国に向けたクオリティも発揮されていた。
  • これまでも無謀と思える発想や研究が技術を生んできた。紹介された若手研究者たちの活躍を期待させる番組だった
  • それぞれの研究費をどこが出しているのか知りたかった。北大の生体材料研究は大学。沖縄の可視光通信は実業家による研究だが、風船で宇宙空間に行こうという若手研究者の費用は誰が出しているのか。そのあたりは触れてもよかった。
などの意見や要望が出されました。

次回の平成29年度第6回番組審議会は10月24日(火)に予定されています。

番組モニター報告

続きまして、9月の番組モニター報告です。

9月16日(土)放送 「ANAオープンゴルフトーナメント2017 3日目」

「ANA オープンゴルフトーナメント2017」画像
9月16日(土)に全国22局ネットで放送された「2017ANAオープンゴルフトーナメント3日目」 の番組モニター報告です。

<60代 男性>
当日現場で観戦して、帰宅後に視聴しましたが、コース全体の景観がつかめることやホールごとの攻め方、選手全体のスコアの状況が瞬時に理解できて、たいへん興味深く見ることができました。
牧野プロ、田中プロ、佐藤プロの解説は、選手の技術面や精神面などを総合的に把握しており、とってもわかりやすかったです。

<50代 女性>
なぜトップタイの池田勇太プロのプレーを18番ホールだけに集中させ、他はダイジェストなのか?
途中の様子ももっと上手く編集して見せて欲しかったです。

<20代 男性>
私のようにゴルフについてあまり詳しくない者にとっては
選手のホールごとの 「◎・○・-・△」 が何を示すのかよくわからなかったので
補足があってもいいのではと感じました。

<40代 女性>
過去の映像が多く、試合そのものの映像が少ないように感じました。
もう少し試合の流れや、選手一人一人についての情報、コースの状況、選手のプレースタイルなどを詳しく見たいと思いました。

<50代 男性>
輪厚の名物ホール17番での左ドックレッグの林越えのショットは
選手の力とテクニックの見せ所ですが、ボールの放物線をわかりやすくCGで表していたと思います。

以上、番組モニター報告をお伝えしました。

「ハイ!STVです」
次回の放送は11月12日(日)の予定です。
それでは、また来月お目にかかりましょう。


番組情報

放送時間

毎月 第2日曜日

朝5時35分〜5時45分

出演者

お問い合わせ、ご意見、ご要望

STV視聴者センター:011-272-8285 祝日を除く、月曜から金曜日の午前9時30分から 午後7時まで承っております。

お便り: 〒060-8705

STV視聴者センター

放送内容