ハイ!STVです

2018年7月8日(日)

2018年7月8日(日)
萩原AN画像

おはようございます。

STVの「ある部屋」にやってきました。
早速、中に入ってみましょう。

結構狭い部屋なんですが、
大きな機械が3つも並んでいるんですね。

実は、ここはSTVホールの中にある「映写室」なんです。

映画の試写会を実施するときは
ここでオペレーションをしているんです。

いまはデジタル化に伴って、
ほとんどが、こちらのプロジェクターによって映写されているんですよね。

 

萩原AN画像2
さらにお隣にあるのが昔使っていた映写機なんです。
スイッチを入れてみましょう。

何か懐かしい音が聴こえてきましたよね。
昔は35ミリのフィルムを回してスクリーンに映し出していたんです。
映写機にも時代の遷り変わりを感じますよね。

映写機
それでは「ハイ!STVです」 
最後までお付き合い下さい。

皆様からのお問い合わせ

視聴者の声 内訳画像
はじめに、皆様からのお問い合わせなどについてお伝えいたします。

先月、6月の一ヶ月間に視聴者の皆様にいただいたご意見、お問い合わせの総数は932件でした。

内訳は
お問い合わせが       505
ご意見、ご要望が    270
苦情が           
その他が        155件  となっています。

お問い合わせやご意見が多かった番組は
「どさんこワイド 179」        199
「どさんこワイド 179 ニュース」      47件 
「 ニュース・情報番組全般」        44件 となっています。
  
いただいたお問い合わせ、ご意見、ご要望の中から一部をご紹介します。


「24時間テレビ41 愛は地球を救う」 チャリTシャツについて

チャリTシャツ
<40代 女性>
今年の「24時間テレビ」のTシャツが欲しいのですが、どちらで購入できますか?


来月放送される
「24時間テレビ41 愛は地球を救う」のチャリTシャツのお求めについて、お問い合わせをいただきました。

ロンドン在住のアーティスト兼イラストレーターの
ハティー・スチャートさんがデザインした今年のチャリTシャツには
「愛」「友情」「人生」「人の繋がり」が表現されています。

全道のイオン、マックスバリュ などの
イオングループ各店でお求めになれますので
詳しくはお近くの店舗にお問い合わせください。
なお、数に限りがありますので、ご了承願います。

また、日本テレビの24時間テレビチャリティーグッズ 通販サイトからお求めいただくことも可能ですので、こちらもご利用ください。
http://www.ntv.co.jp/24h/shop/ ( http://www.24htv-goods.jp/ )

お問い合わせ

STVでは、テレビをご覧の皆さまからの
番組内容に関するお問い合わせはもちろん、
ご意見、ご要望をお待ちしております。
STV視聴者センターまでご連絡ください。

電話 011-272-8285
祝日を除く、月曜から金曜日の午前9時半から午後7時まで承っております。

お手紙は 郵便番号060-8705
STV 視聴者センターでお待ちしています。

STV新人アナウンサー紹介

久保アナ&西尾アナ
この春、STVに入社した新人アナウンサーを紹介します。

久保朱莉(くぼあかり)アナウンサーと
西尾優希(にしおゆき)アナウンサーです。

2人は4月から発声・アクセント・滑舌といった基礎を学び、ニュース・コマーシャルなどの原稿読みや、フリートーク、ナレーションといった実技練習を行ってきました。

そして、先月、お昼のテレビニュースでアナウンサーとしての第一歩を踏み出しました。

北海道の皆さんに親しまれ、信頼されるアナウンサーとなるよう、
これからも努力を重ねて参りますので、よろしくお願いいたします!

番組審議会のご報告

番組審議会 画像
ここで、番組審議会のご報告です。

平成30年度 第3回 番組審議会が、6月26日(火)に開かれ、5月26日(土)に放送された「見たい!知りたい!北海道 〜 ゴールデンカムイ 広がる人気 〜 」について、審議が行われました。
「ゴールデンカムイ」は、明治末期の北海道を舞台にした同名のマンガが原作のアニメです。
番組では、アニメの舞台として描かれた道内各所を紹介しながら、その人気の背景を探りました。

委員からは
  • アニメを見ている人と見ていない人の両方に理解させるのは難しかったのではないか。
  • 見応えがあったが情報が盛りだくさんだったので全体としてはまとまりがなかった。
  • 「ゴールデンカムイ」のファンが、登場する場所を“聖地巡礼”することで北海道経済に影響を与え始めているのか知りたかった。
  • 「ゴールデンカムイの魅力のひとつはアイヌ文化を正しく伝えていること」とあったが、アイヌの人たちはどう感じているのかインタビューが欲しかった。
  • 番組は、マンガの世界と現実の世界を行き来する構成で興味を掻き立てる作りだった。
・・・などの意見をいただきました。

次回の平成30年度 第4回番組審議会は、7月24日(火)に予定されています。

番組モニター報告

5月24日(木)放送 「どさんこワイド朝」+「ZIP!」

「どさんこワイド朝」+「ZIP!」画像
次に、5月24日(木)に放送された
「どさんこワイド朝」+「ZIP!」の番組モニター報告です。
木曜日のパーソナリティはSTVの 原田哲哉 解説委員が担当しています。

<30代 男性>
利尻富士の映像が素晴らしかったですし、天気を伝える時の各地のお天気カメラがすごくいいです。
霧の状況などは記号や天気図だけだとわからないので、部分的にでも目視できるのはありがたいと思いました。

<10代 女性>
「530キーワード」はニュースの主旨がわかりやすく、聞いていて勉強になります。
キャスターとパーソナリティーの方が話を交わす中で、このような考え方もあるのかと改めて感じさせられました。

<10代 男性>
6時半頃から「ZIP!」と「どさんこワイド朝」を行き来していますが、どうも慌しくて、朝から落ち着かないように感じます。個人的に「ZIP!」は不要であると思います。

<40代 女性>
原田さんはどのニュースにもスラスラとコメントが出て、聴きやすかったです。
政治経済や世界情勢のニュースをわかりやすく解説するコーナーがあると、北海道の池上彰さんみたいで面白そう。

6月9日(土)「熱狂!YOSAKOI 絶叫!ソーラン2018」

「熱狂!YOSAKOI 絶叫ソーラン」画像
続いて、6月9日(土)に放送された「熱狂!YOSAKOI 絶叫!ソーラン2018」の番組モニター報告です。

<50代 女性>
少人数のチームには接近、大人数のチームには全体の 様子をキレイに見せるような映し方で演技を楽しむことができました。

<60代 男性>
番組タイトルに「熱狂・絶叫」とついている割には大通りパレード会場の空っぽの桟敷席を映すなど、盛り上がらない演出からはYOSAKOIソーラン祭りの熱気が感じられませんでした。

<20代 女性>
演舞に関係のないところでの演者に対するインタビューでは、少し間延びした印象がありました。アナウンサーもテンションが高く、もう少し落ち着いたインタビューにしてもよかったと思います。

<50代 男性>
歌手の請負人が何チームも掛け持ちしているのは知らなかったので面白かったです。
衣装が瞬時に変化する実演も、今までになかったと思います。

以上、番組モニター報告をお伝えしました。


「ハイ!STVです」
次回、8月12日(日)の放送は
いつもより10分拡大して、あさ5時25分からお送りする予定です。

それでは、また来月お目にかかりましょう。

番組情報

放送時間

毎月 第2日曜日

朝5時35分〜5時45分

出演者

お問い合わせ、ご意見、ご要望

STV視聴者センター:011-272-8285 祝日を除く、月曜から金曜日の午前9時30分から 午後7時まで承っております。

お便り: 〒060-8705

STV視聴者センター

放送内容