KANのロックボンソワ

第746回『たまにはなんのテーマもなく』

2019年4月20日(土)

第746回『たまにはなんのテーマもなく』

はい、ものすごい連休が迫ってきていますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
私は来週末の大阪での大イベントに意識を集中しているところです。
そんな今週は、たまにはなんのテーマもなく、いただいたメールを読みながらの
なんとなく選曲での1時間。よろしくおつきあいください。

M1. 最&高 (Album Edit) / きゃりーぱみゅぱみゅ < じゃぱみゅ < 2018

帯広わ行われた『国際農業機械展』を見に行ってきたという埼玉県所沢市の“sachi”さん、
リクエストありがとうございます。

M2. Big Shot / Billy Joel < 52nd Street < 1978

私の人生を方向づけた大変に重要なアルバムのオープニングナンバー。

M3. Hotel California / Eagles < Hotel California < 1976

大学受験時代は、勉強するふりをして、ずっといろんな曲のギターをコピーしてました。
例えば、このソロとか。

M4. こっぱみじかい恋 / KAN < めずらしい人生 < 1992

ストリングスフレーズについて、異なるふたつの曲で同じラインを描いていたことを見事に
指摘してくださったのは、東京のラジオネーム“栗麻呂”さん。はい、御指摘のとおり、
『こっぱみじかい恋』の0:37あたりの他、数回出てくるのと全く同じラインを、
『桜ナイトフィーバー』の4:38あたりに入れ込んでいます。
これは明らかに意図的なものですが、特に説明できるような意味はありません。

M5. Twenty! Twenty! Twenty! / 平井堅 < FAKIN’ POP < 2008

他に、全く同じフレーズではありませんが、この曲にもほの同じラインを多用しています。
これもまた意味ないながらの意図的なものです。

M6. 東京ライフ / KAN < Happy Title < 2010(1989)

「少年時代から好きだった渡辺満里奈さんのラジオにリクエストを
してかけていただきました〜」とメールをいただいたのは、
ラジオネーム“スティーヴ・マリオネット”さん、ありがとうございます。

弦楽四重奏とのセルフカバーアルバム第2弾【la RiSCOPERTA】、
そしてBAND LIVE TOUR 2017【恋するチンクワンタチンクエ】の
LIVE DVDも好評発売中です。

いろんなことは私のオフィシャルサイト【www.kimuraKAN.com】を
チャック上げ下げしてみてください。

みなさまからのメール・お便り・リクエスト、お待ちしています。
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」