KANのロックボンソワ

第723回『秦基博ショートインタビュー』

2018年11月10日(土)

第723回『秦基博ショートインタビュー』

はい、弦楽四重奏との全国ツアー【Concerto col Quartetto da Muroia 2018】、
楽しく開催中です。そんななか大阪では秦基博くんとのイベントがあったりで、
忙しい日々が続いています。
ということもあり、今週は秦基博くんのショートインタビューを交えての1時間、
よろしくおつきあいください。

M1. Fuh You / Paul McCartney / Egypt Station < 2018.09.07

はぁい、もちろん観てきましたよ、11月5日(月)両国国技館。
私の人生に於いて最も重要な音楽家のひとりであるポールさんが
今だバリバリの現役で、今年も日本にやって来て、その演奏を生で観れる。
それだけで「ありがとうございます!」です。
最新アルバムからライブでも演奏されたこの曲をどうぞ。

M2. アイ ~Acoustic Session with KAN~ / 秦基博 < track_3 of 水彩の月 < 2015

11月6日(火)は大阪の近畿大学で秦基博くんとのイベントでした。
音楽的で具体的なトークを中心として、後半に2人だけで6曲演奏。
もちろんこの曲もやりました。

M3. 花 / 秦基博 < 2018.11.03 (Vinyl)

そんな秦くんは自主アナログレーベルを立ち上げ、その第2弾として、
新曲をリリースしました。詞曲はもちろん編曲も秦くん自身によるものです。

M4. Mr. HOBBYLESS / 秦基博 < 2018.11.03 (Vinyl)

カッペリングのこの曲は、シンプルなポップナンバー。
ストリングスカルテットのアレンジメントも秀逸です。

M5. K点を超えるなら靴擦れを直せ / 馬場俊英 with KAN < ステップ・バイ・ステップ / 2018.09.19

10月14日(日)は東京キネマ倶楽部での馬場くんのライブにゲスト出演し、
この曲を初演奏し、作曲時のイメージどおりに楽しく盛り上がりました。
そんな馬場くんの札幌での弾き語りライブは来週11月17日(土)BFHホールです。
お問合せはマウントアライブ電話 011-623-5555

M6. 50年後も / KAN < la RiSCOPERTA < 2018.10.10

では、10月10日(水)発売の弦楽四重奏とのセルフカバーアルバム
la RiSCOPERTA】から、比較的安全なのこ曲を。

 

そんなアルバムひっさげの全国ツアー【Concerto col Quartetto da Muroia 2018】、
今日は新潟公演でしたので、本当の私は新潟のどこかでお酒を飲んでると思います。
札幌公演は、12月24日(月祝)道新ホールです。
ちなみに11月24日(土)の福岡公演、唐沢年明け1月5日(土)の東京最終公演には、
和田唱くんがスペチャルゲストとして登場してくれます。

 

BAND LIVE TOUR 2017【恋するチンクワンタチンクエ】のLIVE DVDは松本いよいよ
11月14日(水)発売です。Audio Commentaryでは、副音声家・根本要さんとの
爆笑ライブ解説もお楽しみいただけます。

 

そして、【STVラジオ LIVEくれよん 2019】は、2019年3月2日(土)
ZEPP SAPPOROにて開催。今回は私KANと佐藤竹善さん!
そして、菅原龍平・見田村千晴・武田英祐一(THE武田組)
・伊藤健太(Bass)・あらきゆうこ(Drums)というメンバーで
、おもしろいステージを作ろうと思ってます。

 

すべての詳細は私のオフィシャルサイト
www.kimuraKAN.com】をチャック上げ下げしてみてください。

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く