加藤さんと山口くん

小樽出身の2人が、北海道愛・小樽愛などを熱く語る30分!

バラエティにドラマ、情報番組まで幅広く活躍するお笑い界の風雲児、「極楽とんぼ」加藤浩次と、独自の世界観とライブパフォーマンスで音楽業界を席巻する「サカナクション」山口一郎。
異なるジャンルでそれぞれ活躍の2人、実は北海道小樽市出身、生粋の道産子。「よく聴いて育った」という、STVラジオで北海道愛に溢れたトーク番組です。
今は東京で暮らす2人ですが収録はスタジオを飛び出して、都内某所のお気に入りの場所からお送りします。番組では道産子ならではのローカルネタが満載。芸能界や音楽業界の今、プライベートな話題までリラックスした雰囲気の中、日々の思いを本音トークでラジオにぶつけます。

第43回 2021/7/25

2021年7月25日(日)
  • 加藤さんと山口くん
山口のマイボート「NF丸」による"加藤の知らないクルージングの世界"は、まだ続きます。

山口:じゃあ、隅田川に入って、ぐるーっと回って帰りましょうか。

加藤:メチャメチャいいなぁあ、これ。小型船舶(免許)取る人の気持ちがわかったわ。

山口:取りましょうよ。

加藤:おれ?

山口:『加藤さんと山口くん』の企画で船舶(免許)取りに行きません?3日で取れますよ。

加藤:けっこう、覚えなきゃいけないんでしょう?

山口:まぁ、1日勉強があって、2日はテストなんですよ。

加藤:へえ〜。

山口:いま、船でそのまま入れるレストランがあるんですよ。

加藤:マジで?セレブしか集まってないんじゃない?

山口:普通に入れるんですけど、船からも入れるって言う。船の係留場所が付いてるレストラン。

加藤:(三浦半島にある)葉山とか、あっち側?

山口:いやいや、天王洲アイルにあります。

加藤:へえ〜〜。

山口:ちょっとだけ優越感があるんです。船で来ました、船で帰りますみたいな。

加藤:やらしいね、ちょっとね〜。

山口:ちょっと、やらしいです。けど、テイクアウトとか出来るから。

加藤:あ〜、そうか。ドライブスルー代わりみたいな?

山口:みたいな。 まぁ、きょうは、こんど夜釣りをするための予行練習なんで。こんな感じだっていうのが分かってもらえれば。

このあと、船着き場(マリーナ)に戻った2人は、留まっているクルーザーやボートを見て回って、加藤は感心したり、驚いたりすることしきり。

山口:もう加藤さん、船、いきましょうよ!

加藤:いや船いかないよ。いけないよ。そんなお金ないよ。…へえぇ〜。こういう世界があるんだなぁ。

山口:どうでしたか、クルージングは?楽しめましたか?

加藤:すげえ良かった!

山口:気持ちよかったっスか?

加藤:すげ〜気持ちよかったですよ。

加藤も大満足の東京湾クルージングはひとまず終了。音楽だけではなく、クルージングでも加藤を満足させた山口、さすがです。そして、次なる場面は、こちらが実はメインイベントの「魚の干物食べ比べ〜どれがいちばん美味しいか決定戦」。北海道の魚の干物が全部で9種類も用意されます。次回8月1日の放送は、聴くだけでご飯がイケるかも。

番組情報

放送時間

毎週日曜

昼 12:00〜12:30

パーソナリティ

  • 加藤浩次 (極楽とんぼ)
  • 山口一郎 (サカナクション)

番組へのメッセージ・リクエスト

メール:

ファックス:011-202-7290

STVラジオをradiko.jpで聴く