KANのロックボンソワ

第729回『もうすぐ来年のクリスマスですね〜♪』

2018年12月22日(土)

第729回『もうすぐ来年のクリスマスですね〜♪』

はい、そうですよ。時の経つのなんてのは、本当にあっという間です。
だって、ついこないだ始まった弦楽四重奏との全国ツアーももう
終盤なんですから。
札幌公演は松本いよいよ明後日12月24日(月祝)道新ホールです。
お待ちしてます。というわけで今週はクリスマスソングを
並べてお聴きいただきます。

M1. KANのChristmas Song / KAN < TOKYOMAN < 2010(1993)

日本のクリスマスソングの定番になると信じて、自信を持って自分の名前を
タイトルに入れましたが、25年経ってもまだなんないっすね。

M2. 聖なる夜の贈り物 / 秦基博 < 青の光景 < 2015

Album of the Year 2015】を獲得した名盤からの名クリスマスソング。

M3. Home for Christmas / Daryl Hall & John Oates < Home for Christmas < 2006

Hall & Oatesが2006年に出したクリスマスアルバムは、
基本カバー集ですが、新曲が2曲入ってます。

M4. あたらしい愛の歌 〜メリー・メリー・クリスマス〜 / ウルフルズ < 1999

ウルフルズ、こんな曲がありました。関係ないですけど、
先日東京でトータスくんとふたりでお鮨を食べました。

 

【世界の国歌のコーナー】

M5. Haktiva(イスラエル国歌) / 新日本フィルハーモニー交響楽団 指揮:小沢征爾

<イスラエル国>面積:約2.2万m2(日本の四国とほぼ同等)
/人口:868万人
/首都:エルサレム(国際的には非承認)
/公用語:ヘブライ語、アラビア語
/通貨:新シェケル
/主な宗教:ユダヤ教(75%)・イスラム教(17.5%)・キリスト教(2%

<国歌>モルダヴィア民謡を元にサミュエル・コーエンさんが編曲。
1878年にナフタリ・ヘルツ・インベルさんが作詞。“ハクティヴァ”とは
ヘブライ語で“希望”の意。1948年のイスラエル建国の際に、国歌として制定された。

M6. The Christmas Song / Baby Face < Christmas with Baby Face < 1998

私の最も好きなクリスマスソングのひとつは、多くの歌手にカバーされていますが、
中でも最も好きなもののひとつです。

M7. 今年もこうして二人でクリスマスを祝う / KAN < la RiSCOPERTA < 2018.10.10

では、10月10日発売の弦楽四重奏とのセルフカバーアルバムからお聴きいただきます。

 

そんなアルバムひっさげの全国ツアー【Concerto col Quartetto da Muroia 2018】ももう終盤。
今日明日は広島公演。そして松本いよいよ明後日12月24日(月祝)は札幌・道新ホールです。
唐沢年明け1月5日(土)の東京最終公演には、和田唱くんがスペチャルゲストとして登場してくれます。

 

そして、【STVラジオ LIVEくれよん 2019】は、2019年3月2日(土)ZEPP SAPPOROにて開催。
今回は私KANと佐藤竹善さん! そして、菅原龍平・見田村千晴・武田英祐一(THE武田組)
・伊藤健太(Bass)・あらきゆうこ(Drums)というメンバーで、おもしろいステージを作ろうと思ってます。

 

BAND LIVE TOUR 2017【恋するチンクワンタチンクエ】のLIVE DVDも好評発売中です。

 

すべての詳細は私のオフィシャルサイト【www.kimuraKAN.com】を
チャック上げ下げしてみてください。

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く