どさんこワイド179

キニナル

消火器販売詐欺に注意!

2018年5月21日(月)

消火器販売詐欺に注意!

期限切れの消火器を売りつけるなどした詐欺事件のニュースを受けて、消火器の設置義務や点検等についてお伝えしました。

設置義務は?点検は?

  • 要注意!消火器販売詐欺!設置義務は?点検は?
日本消火器工業会が行った調査によると、一戸建て住宅の消火器保有率は約41%です。
そもそも“消火器”は、設置義務があるのでしょうか?札幌市消防局消防司令の横江靖彦さんに伺いました。

横江さん:法律では、一般住宅に消火器の設置や点検をする義務はありません。消防職員や消防団員が訪問して消火器の販売や点検する事もありません。消防職員の名をかたったり「法律が変わった」「いま設置している消火器は使えない」という事を言ってきた場合は“怪しい”と疑ってください。

使用期限が切れた消火器は?

  • 要注意!消火器販売詐欺!設置義務は?点検は?
  • 要注意!消火器販売詐欺!設置義務は?点検は?キニナル
    ●住宅用消火器 680円(税別)〜
    ●業務用消火器 1980円(税別)〜
消火器を販売しているホームセンターを取材しました。スーパービバホーム 白石本通店では、「家庭用」と「業務用」2種類の消火器を販売しています。違いは耐用年数で、家庭用は約5年くらい、業務用は8年〜10年くらいです。

こちらでは、使用期限の過ぎた消火器は、新しく買った本数分、無料で引き取ってくれます(ビバホーム全店で対応)。
使用期限が切れて新たに消火器を購入する場合は、買ったお店に問い合わせてみると良いでしょう。

消費者ホットライン

【電話番号】消費生活相談窓口の案内 (局番なし)188

消火器は家にあるのに越したことはありませんが、一般住宅に消火器は、設置する義務も点検の義務もありません。これらを語る人が訪問してきたら“おかしい”と思い、書類等にはすぐにサインせず、消防署や消費者ホットライン、周りの人に相談するなどしてください。

キニナル

新着記事

バックナンバー

STVどさんこ動画
どさんこアプリ