どさんこワイド179

特集

出会いと別れの季節…懐かし駅前食堂

2020年3月27日(金)

出会いと別れの季節…懐かし駅前食堂

本日の特集は、出会いと別れの季節に、昭和の雰囲気が漂う懐かしの駅前食堂をご紹介しました。

みまた そば本店

【住所】倶知安町北1条西3丁目
【電話番号】0136-22-0152
【営業時間】11:00〜15:00
【定休日】水曜日
  • 特集
  • 特集
まずは人口16000人の町・倶知安町の駅前食堂からご紹介しました。お店は100年以上の歴史があるJR倶知安駅から徒歩2分ほどの場所にあります。明治35年に創業し、現在は4代目の巳亦仁三郎(みまたにさぶろう)さんと5代目の一朗さんがお店を守り続けています。
  • 特集
  • 特集
    ●天ぷらそば 900円
よく注文される「天ぷらそば」をご紹介しました。蕎麦粉は石うすでひいた道産品、麺は一朗さんが毎朝作っています。昔ながらの作り方で、長年地元で愛され続けてきました。
  • 特集
仁三郎さんにこれからのことを聞くと「大きくもならないけど、つぶれる事もないなと思って。(今まで通り)ボチボチやっていく」と話してくれました。

三星食堂

【住所】名寄市大通南6丁目
【電話番号】01654-2-3535
【営業時間】10:00〜14:30、17:00〜20:00
※日曜日は14:30で閉店
【定休日】月曜日
  • 特集
  • 特集
  • 特集
  • 特集
続いては人口27000人が暮らす道北の町・名寄市です。名寄駅も100年を越える歴史ある駅、その駅のすぐ近くにあるのが“三星食堂”です。こちらは大正3年創業、建物は今風ですが、奥にある小上がりは昭和の香りが残る落ち着いた雰囲気のお店です。

こちらで長年愛され続けているのは「カツ丼」です。カツ丼に使わるのが秘伝のタレ、そのうま味がカツに染み込む事で、たくさんの人に愛される味になりました。うま味の正体は鰹節、毎朝お店の地下で粗目に削ったものを使用しています。
  • 特集
    ●カツ丼 850円
  • 特集
    ●鳥の照焼特製マヨネーズ炒定食 850円
  • 特集
4代目の武田宏三さんが、次の100年を見据えたメニューを考えました。「鳥の照焼特製マヨネーズ炒定食」は今の若い人向けに作った鶏肉料理で、今ではお店の一番人気です。

特集

バックナンバー

STVどさんこ動画
どさんこアプリ