どさんこワイド179

特集

福永アナが行く!あさって開業のウポポイに潜入!

2020年7月10日(金)

福永アナが行く!あさって開業のウポポイに潜入!

  • 特集
本日の特集は、白老町に7月12日(日)にオープンする民族共生象徴空間・ウポポイの魅力を探るため福永アナが潜入しました。

ウポポイ(民族共生象徴空間)

【住所】白老町若草町2丁目3
【電話番号】0144-82-3914
【営業時間】7月12日(日)〜7⽉19⽇(日) 平⽇9:00〜18:00、土曜日・日曜日・祝日9:00〜20:00
7⽉20⽇(月)〜年8⽉31⽇(月) 9:00〜20:00
【定休日】⽉曜⽇(祝日または休日の場合は翌日以降の平日)、年末年始
※入場はWEB予約制です。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
ウポポイ広報の成田真梨子さんの案内で施設を巡りました。ますはアイヌの伝統的な家屋を再現したエリアです。家はアイヌ語でチセといいます。人数を制限しながら当時の生活空間を見学できます。

体験学習館では、ドーム型シアター・カムイアイズで映像体験ができます。まるで鳥の目になったような大迫力のバーチャル体験が楽しめます。人と人との距離もしっかり保てるよう設計されているので安心です。さらに、7月21日(火)からは屋外でプロジェクションマッピングも行われます。毎日19:30開催予定で、最新技術で表現されたアイヌの世界を楽しむことができます。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
フードコートも充実しています。“カフェ リムセ”から「チェプオハウセット」をご紹介しました。チェプは鮭、オハウは汁物を意味し、鮭や野菜などが豊富に入った具沢山の汁物です。
また、向かいにある“sweets café ななかまど イレンカ”では「カップチーズケーキ」などをテイクアウトできます。
  • 特集
  • 特集
    ●チェプオハウセット 1200円
  • 特集
    ●クンネチュプ(カップチーズケーキ) 150円
成田さんがオススメするウポポイのオリジナルグッズをごランキング形式でご紹介しました。第3位は「トートバッグ」です。アイヌの紋様がデザインされており、A4サイズのノートなども入れることができます。第2位は「ポケットボトル」。今流行りのポケットサイズのボトルで、小さいバッグにも入れられます。第1位はウポポイPRキャラクター・トゥレッポんの「ボールチェーンマスコット」です。オオウバユリの球根がモチーフのキャラクターです。
  • 特集
    ●トートバッグ 1350円
  • 特集
    ●ポケットボトル 130ml 1600円
    ※入荷は7月末の予定です。
  • 特集
    ●ボールチェーンマスコット 950円
    ●ボールチェーンマスコット 900円
  • 特集
  • 特集
北海道初の国立アイヌ民族博物館が完成しました。ウポポイではアイヌ語に親しんでもらうためアイヌ語を第一言語とし、案内板などはアイヌ語で書かれています。

2階の展示室では、アイヌ民族を主役とした文化・言葉・歴史を紹介しています。中には厚岸湖から出土した板綴舟やラッコの毛皮が展示されています。ラッコの語源はアイヌ語で、体毛は非常に柔らかく撫でた方向に自在になびく事から、アイヌの世界ではラッコの毛皮は八方美人の比喩として使われていました。
  • 特集
  • 特集

フルーツスタジオ 白老店

【住所】白老町大町2-2-13
【電話番号】0144-82-3125
【営業時間】9:00〜18:00
  • 特集
  • 特集
ウポポイ観光のついでに立ち寄れる場所を探るため、白老町のメインストリートを散策しました。
こちらは、花の卸売りをしている向井幸生さんが始めたフルーツソフト店です。ウポポイの開幕予定だった4月24日(金)にオープンしました。

一番人気の「イチゴのフルーツソフト」をご紹介しました。イタリアの高級ソフトクリームマシンで作られたソフトクリームの下には、イチゴがたっぷり詰まっています。
  • 特集
    ●イチゴ フルーツソフト 680円

天野ファミリーファーム

【住所】白老町白老766−125
【電話番号】0144-82-5493
【営業時間】11:00〜20:00(ラストオーダー19:30)
【定休日】水曜日
  • 特集
  • 特集
中心部から少し移動し、天野ファミリーファームへやってきました。こちらは白老牛を一貫生産している農場で、レストランでは白老で一番の成績を収める上質な白老牛を食べられます。

「白老牛カルビセット」をいただきました。とろけるような食感と肉の甘み・旨味を味わえます。新型コロナウイルスの影響で客足が遠のき、自分たちで作った白老牛を自分たちの手で廃棄してしまう可能性がありましたが、格安販売やSNSを駆使し廃棄を避ける道を探しました。地元の人たちを中心にテイクアウトを始め、おかげで廃棄がほとんどない状態なり、6月に入ってから土曜日・日曜日が賑わいはじめてきたそうです。
  • 特集
    ●白老牛カルビセット 1760円
  • 特集

特集

新着記事

バックナンバー

STVどさんこ動画
どさんこアプリ