どさんこワイド179

夏こそ注意!被害急増中の悪質ネット詐欺

2022年7月20日(水)

夏こそ注意!被害急増中の悪質ネット詐欺

スマートフォン片手で、手軽にお買い物できる“ネット通販”。夏こそ、悪質なネット詐欺に注意が必要です。そこで今回はその最新の手口と対処法を分かりやすくお伝えしました。

「STVどさんこ動画+」で本編を視聴できます
  • 特集
悪質ネット詐欺。その最新の手口について広報活動するサイバーセキュリティ対策本部の坂野雅樹警部にご協力頂きました。

まずはここ数か月で被害が急増しているという、偽の通販サイトの実態に迫ります。水筒やお弁当箱などの人気メーカー「サーモス」にも偽サイトが存在します。ひと目見ただけではなかなか区別がつきません。
  • 特集
  • 特集
偽サイトを見極めるポイントの一つは、通常では考えられない値引き率です。夏のお出掛けでも活躍するランチジャーは通常3850円が、半額の1925円となっています。

先月、「サーモス」の偽サイトで被害にあったという札幌市のAさんにお話を聞きました。Aさんは「サーモス」の偽サイトでお子さんの水筒、そしてコーヒーメーカーを購入。7000円ほどの買い物をし、その後カードを不正利用されたため、その被害額は約2万円にまでのぼりました。Aさんはお金を返してもらえないか、カード会社に相談中だということです。
  • 特集
  • 特集
現在、サーモスの公式ホームページでも“偽サイト”に注意するよう、呼びかけています。サーモスの担当者・簑島久男さんによると、検索すると偽サイトが一番上に表示されてしまうことがあるといいます。

サーモス公式サイトは「Copyright」、著作権は 「THERMOS KK.All rights reserved」と明記しています。偽サイトは「全著作権所有」に。海外の悪質業者が日本語の翻訳ソフトを使ったと思われます。
  • 特集
  • 特集
来週から夏休み。そんな時期、心理を狙った悪質なネット詐欺が横行します。

実際にあるETCカード利用照会サービスを装った「フィッシング詐欺」が増えています。「フィッシング詐欺」は実在する企業を装ってメールを送り、受信者を偽サイトに誘導。クレジット番号などの個人情報を盗むという手口です。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
いま注意したいのが、ETCカードで使った利用明細をインターネットで確認できる実際のサービスです。最近、偽のメールが出回っています。リンクをクリックすると偽のサイトに誘導され、そこでクレジットカードなどの個人情報の入力を求められます。

お出掛けシーズンに、ETCカードが利用出来なくなったらどうしよう…。そんな心理につけ込まれてフィッシング被害にあったという、札幌市のBさんにお話を伺いました。普段から、ETCカードを利用していたというBさん。テーマパークのチケットを不正購入され、その被害額は計3万3000円分にのぼりました。
  • 特集
  • 特集
“ETCカード利用照会サービス”を行っている「NEXCO東日本」によると「このメールは本物か」という相談が全国的に発生しているといいます。“ETCカード利用照会サービス”では個人情報の入力を求めることは絶対にありませんので、ご注意ください。

Bさんの個人情報を盗んだ犯人は、再びカードを不正利用しました。その額は数百円だったり数千円だったりと少額。カードの不正利用に気付かれないように、少額にしている可能性があるそうです。クレジットカードを不正利用されたら、すぐにカード会社に連絡して利用を停止し、カードの再発行等の手続きをしましょう。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
続いては、「無料Wi-Fi」の危険性です。「無料Wi-Fi」は各自治体や商業施設、飲食店などで提供しているサービスですが、無料Wi-Fiを使ってクレジットカードなどの個人情報を入力すると、それが犯人に盗まれる可能性があります。

「無料Wi-Fi」は全く同じネットワーク名を簡単に偽造出来るといいます。お店を検索したり、地図を見たりすることは問題ありませんが、そこで個人情報を入力する事は控えましょう。
  • 特集
  • 特集
騙された方、また何か心当たりがある方は「警察相談ダイヤル」 #9110までお電話をよろしくお願いいたします。
STVどさんこアプリ